97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
アメリカ西海岸出張写真日記
先週の日曜からアメリカに出張していた。備忘の写真日記など。

(NEX遅延)

日曜は大相撲九州場所の初日なのだがフライトが成田午後5時発なので観れないのが残念。東京駅でNEXに乗り込こむ。車内は荷物の置き場もないほど特に外国人の客でごった返している。席につこうとすると車内放送あり。総武線かどこかで人身事故があり成田エクスプレスも出発が延期に。どれだけ遅れるかは分からないと。よりによってこんな時に困るよなあ。

放送では日暮里に移動して京成スカイライナー利用を勧めているのだが、大荷物だし乗り換え乗り換えは大変だ。面倒臭いので、駅外に出てタクシー利用することに。こちらのほうはスイスイと。成田のチェックインもスムース。セキュリテイも空いていたが、ANAのラウンジは大混雑。

(LAXへ)

LAXへの機内では、オンデマンドで、「ゴーストバスターズ」、「インデペンデンス・ディ・リサージェンス」を観たが、あんまり感心しない出来。「シン・ゴジラ」があったので、もう何度目かになるのだが、再鑑賞。英語字幕はおいついていないが、それでもほぼ意味が取れて理解可能。

(LA到着)

20161120102916567.jpg

今回最初の訪問はLAXから。イミグレは、まずオンラインのキオスク端末でパスポートを読み、ESTAの有効性を確認し、顔写真と指紋取るところまで自動化されている。しかし同じ時間に中国と韓国からのフライトが到着しているので、これが大勢で端末に群がって大変な混雑。困るよねえ。空港を出るとカンカン照り、気温も高くまるで夏の如し。日曜夕方に日本を出てアメリカの日曜朝に到着。

今回最初の訪問地はLAXから車で北上した所。シリコンバレーもそうだが、両脇の遠くに山並みが見えると、みんな「Valley」ということになる。

この付近に土地勘はないけれども、同じ州内だし、サンフランシスコ・ベイエリアと何処か共通したカリフォルニアらしさがある。中西部とはまた違う。

20161120102851b7a.jpg 20161120102941376.jpg

ホテルにチェックインしてしばし休憩。NFLやFOX NEWSは、日本のCS放送では流れていないので懐かしくも興味深く目にした。FOX NEWよりもCNNの見解のほうに同意するが、しかしTVのニュースだけ観ると、FOX NEWSのほうが日本人には分かりやすい。ちょうど顕微鏡で斜めに光を当てるとモノの表面がよく観察できるように、バイアスがかかっているからじゃないかな(笑)

この後は、日曜でもあり、現地の社員と時差ボケ解消にハーフラウンドだけゴルフを。日焼けが気になるほどの日差しで、半袖で何も問題ない暑いくらいの気候。手入れの行き届いた実に綺麗なコース、アンジュレーションのあるベント・グリーン。スコアは悪かったが駐在時代を思い出して懐かしかった。

(サンタモニカ地区のイタリアン)

201611201030239e6.jpg

日曜夜は大勢で近くのブラジル料理の店に。月曜は会議と施設見学などで一日の日程消化。

その夜は社内弁護士が昔から通っているという、サンタモニカ地区にあるイタリアンレストランで会食。アメリカ人にホストしてもらうと、面倒無くてよいよなあ。昔から知っているというウエイターは、もうこの店で30年以上働いているのだとか。各自、セコンドのメインだけ決めて、後は弁護士にまかせてお勧めの前菜を盛り合わせてもらう。

201611201030514f9.jpg

20161120103133fd9.jpg

20161120103155962.jpg

冷製の前菜、温かい前菜、パスタと取り合わせて皿に盛られてくる。パスタの具合はアメリカにしては珍しく、歯応えのあるアルデンテに。ミートソースは牛、豚、ダックの合挽きなんだとか。実に濃厚。どれも美味かった。ワインも全部弁護士におまかせで、こんな楽な事は無い(笑)

20161120103215f36.jpg

メインはこれまたこの店のスペシャリテとしてお勧めされたオーソブッコ。いわゆる仔牛すね肉の煮込み。肉もしつこい脂は無く旨味十分。骨も一緒に煮込まれており、この髄がまたゼラチン質に富んだトロトロで、添えられた小さなフォークでほじくって食べるのだがこれが実に旨いのだった。

201611201032433e4.jpg 20161120103258f20.jpg

追加したトリュフのパスタは官能的な香りが素晴らしい。メリケン人がいると最後には必ずデザートという事になる。カノーリとジェラート。「ゴッドファーザー」に、カノーリを使った名シーンが出て来るのだが、あれこれ弁護士と雑談して面白かった。

(PDXへ)

20161120103337fa8.jpg 2016112010340086a.jpg

今回の出張は移動が何回もあり、朝がやたら早いのだが、まあ時差があるから大丈夫(笑) LAX-PDXはアラスカ航空。一連の旅程に入れて予約すると、予約当日に全て発券しなければいけないと日本の旅行代理店が云うので、これだけ自分でネット予約。全部自分で予約するほうが楽と言えば楽だが。

アラスカ航空のチェックインカウンタはキオスク・カウンタで自動化されており、日本のパスポートを読み取らせるとチェックインは直ぐに完了。バゲージにつけるタグも出て来て、それを付けて荷物はバゲージ・ドロップへ行けと画面に出る。バゲージ・ドロップはすぐ横のカウンタ。

一応、一人係員がいるのだが、ボーディング・パスとIDを照合したら、コンベアに荷物置けという。置くと、「違う違う、反対だ」というのでまたひっくり返す。今度は、「そこの端末取ってタグを読み込んで」と云う。荷物に自分で付けたタグのバーコードを自分でピッと読み取ると、「画面に出た情報を見て、間違いなかったらOKボタンを押して」と云う。名前も行き先も間違いないのでOKボタンを押すと、コンベアが動いて荷物は奥に。「はい、これで終わりです」と云うのだが、荷物預けるラゲージ料金を25ドル取って、タグつけたりコンベアに載せるのは全部客のほう。代行料金を25ドル貰いたいくらいだよなあ(笑) まあ確かに省力化が進んでおり料金は安いけどねえ。

20161120103437b1c.jpg
20161120103455e6c.jpg

ポートランドはやはり緯度が高いなという空。LAは夏だったが急に寒くなった。東海岸を思わせるような緑多き都市。ここでまた会議と見学が一日。

(SFOベイエリア)

2016112010352210b.jpg

次の日もまた早朝からの移動でSFOに。着陸前には懐かしきサンマテオ・ブリッジが見えてくる。

2016112010354464a.jpg

勿論、CAでもスーパームーン。

20161120103608bf0.jpg

SFベイエリアは懐かしい涼しい風と青き空。ここで丸2日の会議。朝から夜まで基本的にずっと英語で会話というのは、別に辛くわないけれどもやはり頭の芯のほうが疲れてくる。

20161120103648800.jpg
20161120103713f78.jpg
20161120103729b50.jpg

帰路は金曜の昼前にSJCーNRT。SJCはアメリカ国内の移動ではよく使った小さな空港だが、ANAの国際線が就航して日本人客が目立つ。ラウンジにも日本語新聞が置いてある。

しかしラウンジの大きさに比べて、日本人客ばかりがやたらに多く、搭乗時間が近づくにつれごった返してくるし、トイレも並ぶような状況。これだったらSFOのUAラウンジのほうが広くてずっとよいかもなあ。

もっともB787はなかなか快適で、帰路は、「君の名は。」、「後妻業の女」など、邦画を観てウトウトしていると成田に着いていたのだった。







関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する