97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
月曜日の夕方、「新橋鶴八」に電話。お弟子さんが出て7時までならと。早く帰れるのは望むところ。早速入店。

石丸親方は、「時間切っちゃってすみませんねえ」というのだが、「分店」で大常連O氏の道連れで3時間も居る事を考えたら、早く帰れるのは嬉しい限り。「分店に座布団引いてあったでしょ」と言うのだが、入口からちらっと中を窺ったものの、既に他にお客さんが居て確認できなかった。今日はO氏は分店のシフトなのだという。

「どうぞ気にせず、どんどん注文してくださいよ」と言われたが、まあ普通だって1時間ちょっとしかいないから、いつものペースで大丈夫か。

冷酒を注文。お通しはマグロ漬け。つまみの最初は白身と決めているので、ヒラメは注文せずとも切られてくる。石丸親方によると「分店は最近「Danchu」に掲載されて忙しそうなので本当に良かったですよ」と。実に弟子思いの師匠ですな。

しかし、最近、ここ本店のほうでも新しいお客さんが多い気がするねと聞くと石丸親方は、「それはね、最近「食べログ」見て来る人が多いんですよ」と。点数が3.7くらいと、高すぎず低すぎずちょうどよいのだと解説。 「あまり高得点の店も敷居が高いから、うちくらいの点数がちょうどいいんだよなあ」と横のバイト女性に同意を求めると、「そうです」と回答があってなんとなく御満悦であった。

しかし「食べログ」からは売り込みの営業電話があり、金払ったら検索の最初のほうに出てくるようにするとかなんとか言われたものの、そこまで宣伝は必要無いと断った由。まあこの店は常連も多いから、別に「食べログ」で宣伝しなくともねえ。

つまみは、その後、塩蒸し。濃厚な旨味。ブリはビッシリ脂が乗った腹の身だが、歯応え良く爽やかな旨味。鯖もネットリと脂が乗る。

この辺りでお茶を貰って握りに。

まず中トロ2。肉厚のコハダは脂がネットリと旨味に転じたいつもの素晴らしい仕事。アナゴは軽く炙るが、崩れんばかりにトロトロ。ツメもコクが良い。吸い物椀が出て、最後に〆でカンピョウ巻。酢飯は何時もながらフックラと米の甘味あり。

鶴八系伝来、いぶし銀の如きどっしりした仕事を堪能。実に旨かった。ホロ良い加減でタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
心なしか鶴八本店の様子を書かれた時の文面は他の時より穏やかなようなw。
2016/12/08(木) 07:45:35 | URL | ハヤブサ・ジェッター #-[ 編集]
ハヤブサ・ジェッターさんご無沙汰です。
新橋鶴八本店ではリラックスして飲んでるので、そこが反映してるんですかねえ。ここは変な寿司ヲタがいないんですよねえw
2016/12/08(木) 10:01:02 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する