97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲初場所二日目を観戦
成人の日の祝日は、両国奥義感で大相撲初場所二日目を観戦。備忘の写真日記など。

201701112035057cf.jpg

この日は和装デー。着物姿の女性多し。

2017011120352935c.jpg

二階椅子席A。正面と東の間。前の席おの間が若干ゆったりしている。

20170111203556e6c.jpg 201701112036170e2.jpg

まずいつもの「竜電」で腹ごしらえ。チャンコ鍋には餅と紅白蒲鉾が入る正月バージョン。しじみエスプレッソも貰ってなかなか結構である。案内とレジを担当する着物の綺麗なお姉さんが、今度東側の二階に寿司の売店も出しましたのでそちらも宜しくお願いしますねと(笑)。

20170111203635d4a.jpg

店を出て東側に行くと、確かに「すし処雷電」が新装開店。小さな立ち食いのカウンタも。大相撲観戦中に、ちょっと寿司を摘むのも良いなあ。

201701112036576d3.jpg

初日に除幕された大関豪栄道の優勝額。この1年で日本人の優勝額が二枚増えたことになる。

aaIMG_0027.jpg

大露羅が出ると、つい写真取ってしまうよなあ(笑)

aaIMG_0060.jpg

栃煌山は何時も場所入りが早い。関脇の時だって十両や前頭下位と同じくらいの時間に入って来た。真面目なんだね。しかしこの虚勢を張ったマッチョ歩き。好きだなあ(笑) ただ先場所からいまいち調子悪い。今場所も怪我が結構深刻なのでは。心配だ。

aazIMG_0031.jpg aazIMG_0033.jpg

aazIMG_0045.jpg aazIMG_0072.jpg

怪我で幕下陥落した豊ノ島は羽織も着れないが、それでも観客の前を堂々と場所入りして盛んな応援の声を受けていた。錦木は何時かきっと、メガネを外し忘れたまま、化粧廻しをつけて本場所の花道を、土俵入りに歩いて来る。錦木ならきっとやってくれると信じている(笑)

aazIMG_0067.jpg

先の東京場所までは、入り待ちする観客の後ろから場所入りしていた小柳も、今回の両国では、堂々たる関取となって観客の眼の前を土俵入りしてゆく。

201701112037204b1.jpg

この日も勿論、満員御礼が出た。

aazIMG_0157.jpg aazIMG_0215.jpg

aazIMG_0237.jpg aazIMG_0244.jpg

aaIMG_0218.jpg

稀勢の里の塩撒きは、何時もながら美しいよなあ。小さじ一杯分だけちょっと土俵に置きに行くような宇良の塩撒きはあんまり格好良くないので、ちょっと所作を見習ってもらいたい(笑)

20170111203736793.jpg

打ち出し後、テンテケテンとリズムの良い跳ね太皷を聞いつつ国技館を後にしてタクシー帰宅。夜空の明星は金星か。面白かったなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック