97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
先週水曜は、「新橋鶴八」。夕方に電話すると女将さんが出て、しばらく話していたが大丈夫ですと。

早い時間だったが入店すると、大常連O氏が一番奥で既にトグロを巻いている。こんな時にメールよこしてくれたら「分店」に行くのになあ(笑)。まあ満席なのかもしれぬ。しかし本店では、石丸親方のコントロールが効いているから、O氏の横に座っても「分店」みたいにダラダラ3時間もかかる事は無いのだった

「初場所行ったのかい」とO氏が聞くので、石丸親方も入れて相撲談義など。場所が始まる前はイマイチ焦点の定まらない場所だと思っていたが、まさか稀勢の里が優勝して綱取り成功とはねえ。

O氏とあれこれ雑談しながら、分店の「たべログ」レビューにも「大常連のOさんが居た居ないと」か書かれて、随分人気じゃないですかと冷やかすと「それは、あんたがブログに書くからだろう」と(笑) そんな話をしていると石丸親方が「しかしお客さんもOさん見て、なんでこの人何時来ても居るんだろうと不思議に思うでしょうねえ」と笑う。まさしくその通りだよなあ(笑)

この日は次第にカウンタも埋まり、本店も盛況。当日の予約電話も何本か入るのだが、しばらく小上がりで待ってもらえるならと忙しいオペレーション。

お通しはマグロヅケ。つまみは、ヒラメ、塩蒸し、ブリ。握りは、中トロ、コハダ、アナゴ各2。最後はカンピョウ巻で〆。O氏と雑談しながらだと、普通よりちょっと余計にかかるけれども、それでも分店みたいにO氏のペースに合わせて3時間もかかるという事は無い。親方に注文したら何でもすぐに出てくるのが助かる。1時間10分程度で勘定まで。

鶴八系伝来の技を堪能して、タクシー帰宅。しかし考えてみると、今年まだ「新ばし しみづ」訪問していないな。今までこんなにまが空いたことはなかったっけ。そろそろ訪問しないとなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック