97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
恵方巻きの日に「新ばし しみづ」訪問。
金曜日は会社帰りに「新ばし しみづ」。節分だから、皆、家で恵方巻き食しているはず。ならば巻き寿司やっていない真っ当な江戸前寿司屋は空いているのではと電話したらお弟子さんが出て大丈夫ですと。

入店してみるとカウンタは満席。金曜の夜に1席空いていたのは奇跡的だった。「ひょっとして今年初めてでしたっけ」と清水親方。その通りで1月は、仕事もバタバタしたし、大相撲観戦も4日間行ったりと、すっかり訪問をすっ飛ばしてしまった。

新人が入っているので、お弟子さんなのか聞くと、「寿司アカデミー」の生徒がバイトをしているのだとか。メガネをかけた所は大相撲の錦木に似ている。手も大きいし、もう少し体重増やすと鶴八体型で通用するのでは。← 体重関係ないっちゅうーに(笑)

いつも通り常温のお酒を貰って始めてもらう。お通しは菜の花辛子和え。

まずヒラメ。上品な脂の旨味。サヨリは細切りにして。香りが良い。蒸し牡蠣は旨味あり。赤貝はヒモを添えて。

もうタコは卵を抱き始めたのでお休みだと。サバはネットリ甘い脂。煮ヤリイカは小型だがフックラと柔らかに煮上がっている。漬け込みのハマグリ、青柳。ウニもつまみで。あん肝に奈良漬を添えた一品は冬の滋味あり。

清水親方と築地市場移転について雑談。市場の組合理事長が今度移転消極派になったので、「もう移転は無いんじゃないですか」と言うのだが。しかし都民の税金を何千億も使って、移転しなかったら使い道が。Amazonかヤマト運輸の倉庫に売ったらというのだが、とてつもなく高価な倉庫だ。オリンピックの施設にしても、選手村に使う訳にもゆかないだろうし。困った話だ。

この辺りでお茶を貰って握りに。まずカジキ。ピンクの鮮やかな身肉。この店では珍しいが、フックラとした旨味あり。しっかししたこの店の酢飯にもよく合う。カスゴを1貫。口中でホロホロと崩れる身肉の旨味あり。中トロはシットリ柔らかな旨味あり。コハダは2貫。強めの〆だがいつもながら素晴らしい。アナゴは塩とツメと1貫ずつ。

最後はいつも通りカンピョウ巻。清水親方に「カンピョウ巻ですか?」と聞かれた時に「今日は恵方巻きね」という、どうしようもない冗談を言おうと考えてたのだが、ホロ良い気分ですっかり忘れてしまった(笑)

店を出て「P.M.9」に。コートを掛けていると「しみづ」の女将さんがやってきて、「もうお年賀じゃなくなって申し訳ないんですけど」と毎年正月に配る手ぬぐいを。1月に行かなかったのは此方のせいなので申し訳なくも恐縮した。もう何年続けて貰っただろうか。

201702050740148d2.jpg

バーテンダーM氏と相撲の話などしながら、ドライ・マティーニ。その後でタリスカーを一杯で退散。「P.M.9」を出ると、清水親方が団体客を迎え入れるところ。今日は当日予約の電話を随分と断っていたから、遅い時間までずっと満席の模様。商売繁盛で結構な話。のんびりとタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック