97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
月曜は早めに仕事をたたむ目途がついたので夕方に「新橋鶴八」に電話。「新橋鶴八最後の弟子」君が出て、しばし調べてるようだったので、ははあ、ほぼ満席なんだなと思ったが、「7時までならご用意できます」とのこと。滞在時間が短いのは望むところなので、じゃあ早目に入るよと返事して、会社を出てすぐに入店。

ニュー新橋ビル二階に上がると「分店」は珍しく本日お休みのようだ。本店に入店すると大常連O氏用の座布団は敷かれていない。「新橋鶴八最後の弟子」君に尋ねると、O氏は最近、分店に入り浸りでほとんど本店には来ないとのこと。やはりこれからは本店だけに来るほうが安全だな(笑)

「今日は時間切っちゃってすいませんね」と言う石丸親方に、分店は今日臨時休業だねと訊くと、「そうらしいですね、でもこっちには何も言わないから分からないんですよ」と。弟子君によると、大常連O氏と一緒に「新ばし 久」に行ってるんではと言うのだが「久」は月曜お休みじゃなかったっけ。まあ、どこか食べ歩いているのかもしれない。

カウンタには既に2組ほどお客さんがいて、一組は年寄り2名で既に酩酊中。早いな(笑)本日は7時から満席とのことで補助椅子も入っている。

冷酒を頼んで、まずヒラメから。お通しは、大葉とコハダを刻んでゴマを散らした小鉢。これがなかなか旨い。滞在時間短いので早目早目に頼まないと。もっとも石丸親方も気を使って、優先的に注文聞いてくれるからストレス無し。

次に塩蒸し。種札を見ていると、白身はブリがもう季節外れで終わり。ヒラメの他にはシマアジ、カンパチが置いてあった。

店には次々とお客が入店。大繁盛。予約無し飛び込みの2名客が来て「1時間で食べるから」と頼んでいたが、満席で断られる。まあ、町場の寿司屋は別として、江戸前の名店であるからやはり事前に電話一本入れたほうが良いのでは。確かに入り口脇の小上がりテーブルも、すぐ後から予約客2名が来て、奥の座敷にも客が入り完全に満席。

つまみは、サバ。浅めの〆で甘味がとろりと。漬け込みのハマグリ。

握りはいつも通り。中トロ2は上品な脂が美味い。コハダはネットリとした旨味が素晴らしく、ここのふっくらした米の甘味がある酢飯と実によく合う。酢飯を包み込むアナゴは、鶴八伝来のトロトロ。ハマグリのおつゆが出て、最後には〆でカンピョウ巻。何時もの物が何時ものように美味い。伝来の江戸前仕事を楽しんで、満ち足りた気分でタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する