97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲「町田巡業」観戦写真日記
先週の日曜日、町田市で行われた、「大相撲 町田場所」を見物に。

開場が朝8時と早いので、前乗りで前日に町田入り。小田急線沿線に住んで居たのはもう随分前。懐かしくて、実に乗車時間短いのだが、旅気分で新宿からロマンスカーなど乗ってみた。

駅前のホテルにチェックインして、夕飯でも食べに出るかとエレベーターでロビーに降りる。ドアが開くと前に、遠藤関が立っていたのでびっくり。前の日の巡業からバスで移動してきて、このホテルに投宿するらしい。御嶽海関もロビーに。巡業は力士との距離が近くで面白い。

asIMG_5864.jpg
asIMG_5865.jpg

当日は朝8時に町田市総合体育館に。直ぐに入場が先頭で始まったが、もう長蛇の列。凄いねえ。

asIMG_5866.jpg
asIMG_5878.jpg

席は西の花道すぐ横。力士が歩いて行くとズシンズシンと地響きがする。朝から幕下の公開稽古。土俵を降りても、貴公俊だろうか、花道にボタボタと汗が落ちて溜まるほど、四股や腕立て伏せなど身体を動かしていた。近くで見ると大きいなあ。

asIMG_5881.jpg
asIMG_5888.jpg
asIMG_5899.jpg

しばらくすると幕内の稽古が。申し合いに三番、ぶつかり稽古。横綱白鵬は、貴景勝を指名して三番稽古。その後、ぶつかり景子でさんざん引きずり回し、大いに「可愛がって」、場内が沸く。

asC-FLdqFV0AEFr4u.jpg

稽古から引き上げる鶴竜に手を振った少年には障害が。目を止めた鶴竜は足を止め、身を屈めて少年と握手をした。真面目で心優しい横綱。そして大相撲では「現人神」ともいえる横綱であることの意味をきちんと分かっている。怪我で成績は上がっていないが、もう一花咲かせて欲しい。

巡業の際に赤ん坊を差し出す母親に気が付くと、日馬富士は必ず近寄って抱き上げる。白鵬は、災害被災地へ義援活動を続けている。モンゴルの横綱達に日本の大相撲は随分支えられているのだ。稀勢の里もこれから見習ってほしいが。

asIMG_5884.jpg asIMG_5885.jpg

売店があるかどうか不明だったので、事前に弁当券を購入。引き換えて腹ごしらえ。なかなか結構であった。館内ではレストランも開いていてお相撲さんたちで賑わっていたらしい。そっちに行ってもよかったなw

asIMG_5908.jpg

当日の取組。相撲甚句も初っ切りも面白かった。

asIMG_5913.jpg

大銀杏髪結い実演の後で花道を引き上げる北太樹。町田出身だけあって声援が盛大でご機嫌で手を振っていた。

asIMG_5917.jpg
asIMG_5918.jpg
asIMG_5920.jpg
asIMG_5921.jpg
asIMG_5931.jpg
asIMG_5932.jpg
asIMG_5934.jpg
asIMG_5937.jpg
asIMG_5939.jpg
asIMG_5952.jpg
asIMG_5958.jpg
asIMG_5970.jpg
asIMG_5984.jpg
asIMG_5992.jpg
asIMG_6013.jpg
asIMG_6018.jpg
asIMG_6023.jpg

花相撲は、手に汗握って観戦する必要がないから気楽に観戦できて、これはこれで行楽として実に面白い。土日に行きやすい巡業があれば、また行ってもよいなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック