97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
先週水曜日は、「新橋鶴八」。夕方に電話すると親方が出て、「大丈夫ですよ」と。

入店するとカウンタにはもう何名かお客が。本日はそのうち満席になるのだとか。当日電話でも入れてよかった。お通しはホタルイカ。お酒は菊正の冷酒を。

まず最初の白身は頼まずとも切られて出てくる。本日の白身はカレイ。立派な身。初夏らしいあっさりした脂。塩蒸しは房総の立派なもの。

他のお客さんの注文も一段落したので、親方と相撲の話など。高安も12勝したらよかったのにと親方。まあ確かにもう一勝くらいしてもよかったよなあ。宇良も11勝したのに、なんで三賞受賞ではなかったのかとも議論。要はストイックになる必要なく、相撲人気隆盛の為の賞なので、ケチケチせず、審判部が主導してもっと積極的に活用すべきと思うが。

アジもつまみで。ハマグリも貰った。「新橋鶴八最後の弟子」は、また大分腹回りが大きくなったような。「人間が一回り大きくなりました」と自画自賛。

隣の男性二人客のうちの一人は蘊蓄が多く、この店にも結構来ているような話をしていたのだが、途中で中座。残ったもう一人はこの店が初めてらしく「何かお勧めは?」と親方に聞いて「種札に載ってるものは全部お勧めです」と返されている。面食らったらしい客を気の毒に思ったか、近くに座った常連らしい一人客の女性が「種札に下がってるもので食べたいものを、好きに何でも頼めばそれで良いんですよ」と助け船。しかし親方の「全部お勧めです」を聞いたのは久々だな(笑) 

この辺りでお茶を貰って握りに。まず中トロ。コハダは丸付け。まだ身が厚くて美味いでしょうと親方。相変わらずネットリした旨みあり。「コハダは分店と違う」とまだお客さんが言うんですよ、と。アナゴもトロトロ。最後はカンピョウ巻。米の旨みを感じる酢飯の具合もいつも通り素晴らしい。

まだ次のお客が来ないので、お茶を飲みながら石丸親方と、お互いに名前は出さないが大常連O氏の話に。「来ると5時間も居る人が来なくなって、早く帰れて良いですよ」と親方が笑う。分店で心配してO氏に寂しくないか聞いたら「寂しかなんかねえよ」と強がっていた話をすると、ガハハと笑って親方は何故かご機嫌である。

「別にこっちが拒絶してる訳ではないんですがねえ」と、とぼけて涼しい顔。でもやはり、主の如く振舞って他の客にも話しかけるので、合う人は良いが席を離してくれと言う人もいましたからねと。「分店も相手するのは大変だろうなあ」と他人事のように心配するのであったw

帰りに分店覗くとO氏は居ない。前日に来たとのこと。五十嵐親方は「本店に予約無い客がフラッと来ませんでしたか?」と尋ねる。なんでも連絡なしのキャンセルが出たらしい。しかし本店は予約した客でもう満席と言ってたし、予約無い客も入って来なかったな。

店が有名になってくると、「誰某の紹介です」と予約だけしてドタキャンする客も増える。「しみづ」はそんな客に頭にきて、当日予約のみに変えた時もあったっけ。客商売の難しさである。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック