97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「六月大歌舞伎」、昼の部を観た。
土曜日は、歌舞伎座「六月大歌舞伎」昼の部。

201706181825082b0.jpg 20170618182528982.jpg

最初の演目は「名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)」。前に吉右衛門、雀右衛門で観たが、花道を運ばれながら、「ウキャア~」と狂乱して二階席三階席に手を伸ばす吉右衛門の迫力が凄かったのを記憶している。

今回の「名月八幡祭」は、松緑が縮屋新助。これが実に印象的。縮屋新助の生真面目さも、陥ってゆく深い狂気も、おそらく松緑の引き出しには既に在り、それを取り出して見せているような。本水を使った大詰。芸者美代吉を惨殺した後に町鳶に担がれて「ダッハッハッハ」と笑いながら花道を去る異様な迫力。

猿弥の魚惣も人情ある大旦那として印象的に成立している。美代吉の男である船頭三次は猿之助。猿之助は小悪党をやらせると上手い。夏の江戸風情、永代橋が落ちた騒乱の場で起こる悲劇。無人の舞台に最後に上る満月。筋立ても良くできた新歌舞伎。

ただ、芸者美代吉を演じる笑也はあんまり良くない。美しい姿形は整っているのだが。粋で気風が良く情に厚い深川の芸者がこの舞台のもう一つの見所。男勝りだが、好きな男には徹底的に尽くす。悪気は無いのだが、廻りを引きずり回すのが美代吉。 しかし、笑也からは、この粋で艶やかで奔放な深川芸者が、役として立ち上がって来ないのだった。

「仲町の美代吉さんだよ!」、「あんた何言っんだよ!」などの鉄火な台詞に張りが無く、ことごとく地の台詞に埋没している。美代吉は福助、時蔵、雀右衛門などしか演じていない大役。筋書では「雀右衛門さんにお話を伺います」とある。普通は「○○のおじさまに教わります」とか書かれてあるものだが、やはり教わる人があまり居ないんじゃないかなと、気の毒な気がするのだった。

以前、TVの三津五郎追悼番組で「名月八幡祭」福助の美代吉が船に乗る場面がほんのちょっとだけ映ったが、「またちっとはお出かけなあ、待ってるヨ~」というたった一言の嬌態に感心した。福助にあって笑也には無いものが厳然としてある。不思議なものだ。

ここで35分の幕間。本水の片付けがあるので5分休みが多いのかな。花篭で花車膳。

20170618182548586.jpg

二番目は舞踊。「澤瀉十種の内 浮世風呂(うきよぶろ)」。猿之助は、身体能力が高く、アラヨッ!と粋に踊る役が実に似合っている。なめくじ踊りの種之助は妙に艶めかしくも美しい。風呂屋の三助というのは何時絶滅したのだろうか。

そして切りは「御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち)弁慶上使」。人形浄瑠璃由来の時代物。吉右衛門の弁慶は荒事の隈取で登場するのだが、風格があって実に大きい。

弁慶が生涯でたった一度女性と契ったという伝説は、映画の「薔薇の名前」を思い出すな(笑) その時に出来た娘を忠義の為に切り、人生でたった一度の涙を流すという伝説を盛り込んだ筋立て。親子の情愛と忠義がせめぎ合う悲劇。雀右衛門は渋く安定感あり。米吉は二役だが、なかなか可憐で印象的。侍従太郎の又五郎もしっかりと脇を固める。安定感ある時代物であった。

20170618182604662.jpg


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック