97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「七月大歌舞伎」昼の部。
先週日曜日は歌舞伎座「七月大歌舞伎」昼の部。大相撲名古屋場所も初日なので、夜の部ではなく昼の部をまず選択。打ち出し後にすぐ戻って大相撲をTV観戦しなくては。

20170711185748bd0.jpg

歌舞伎座までタクシーで。外に出ると頭がクラクラするようなカンカン照り。それにしても、外でワゴン前に長い列作ってイヤホンガイド借りている人達がいるのだけど、入場してから二階の売店前カウンタで借りれば、殆ど待ち時間無くて便利だと思うんだけどなあ。まああまり余計な事書いて二階が混むと困るけれど(笑)

最初の演目は、「歌舞伎十八番の内 矢の根(やのね)」。紅梅白梅が咲き乱れる背景。おせちづくしの台詞、七福神への悪態、宝船の絵に初夢と、初春を寿ぐ目出度い要素ばかりの祝祭劇。

右團治演じる曽我五郎は、ゆったり大きく豪快で、荒事の雰囲気に良く似合っている。裃後見が帯を結び直すところは、相撲の巡業で行われる横綱綱締め実演の如し。顔の隅どりも独特で、江戸の暗い小屋で観ると、異形の人物が眼前に屹立しているように思えただろう。馬に乗った退場も祝祭気分を盛り上げる。笑也の曽我十郎は、ベルトコンベアで上手から登場し、すぐにまたコンベアで退場(笑)前に松緑の矢の根では曽我十郎は藤十郎。まるで置物のようであったが。

ここで30分の幕間。昼の部の終了が早く、夜の部の開演が普段より若干遅いのは、海老蔵が息子を迎えに家に帰る時間を見込んでいるからかな(笑)

三階花篭で「花車膳」で昼飯。紅白の膾が入っていたのは「矢の根」のお正月趣向を反映したのかな。

20170711185822702.jpg



次は、河竹黙阿弥作「盲長屋梅加賀鳶」。所謂「加賀鳶(かがとび)」。 冒頭の「勢揃い」、花道に鳶の男伊達が居並んでの「つらねの台詞」は誠に壮観。ただ鳶が出て来るのは最初だけで、その後の筋にはまったく関係無いという、良い所だけ取る実に歌舞伎らしい演出。通しで出すと、本当は色々と筋があるらしいが。

海老蔵の竹垣道玄は初役。眼光ギョロリと鋭いが、愛嬌も軽妙な所もあって、憎めない小悪党として不思議な存在感を持って成立している。松蔵にやり込められるところも面白い。笑三郎の女房おせつは道玄のDVに難儀する薄倖で善良な女の哀れな風情が心に残る。

日蔭町松蔵の中車は堂に入ったもの。世話物は、演技の引き出しに既に色々あるからある程度大丈夫なのだろう。もっとも蓄積した世界は違うから、舞踊や時代物は難しいだろうが。

そしてこの狂言は、「二代目 市川齋入襲名披露」。右之助改め齊入市川齋入は婆さんだけが持ち役かと思っていたが、女按摩お兼は、はすっぱなりに妙な色気があってきちんと成立している。さすが女形の技ですな。

20分の幕間で舞台には所作台が敷かれ、最後は海老蔵の「連獅子」。 加賀鳶に続いて出ずっぱり。花道からの登場する親獅子は、大きく豪快。踏みならす足音も豪快で舞台に鮮やかに映える。巳之助は踊りが上手だが、時として三津五郎の面影が見えるような。やはり親子だから似ている部分があるのだなあ。

この後、夜の部までちょっと休憩があるが、海老蔵は、夜の部も主演で大奮闘。演目が決まるのは相当前だから、海老蔵もある程度の覚悟はしていたかもしれないが、まさか息子が初宙乗りをする公演直前に、最愛の奥さんが旅立つとは思っていなかっただろう。 それでもなお劇場の幕は上がる。歌舞伎役者というのは厳しい稼業である。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック