97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
金曜の夜は「新橋鶴八」。夕方に電話すると女将さんが出て「7時半までですと大丈夫なんですが」と。ダラダラ居ないのでまったく大丈夫。退社後すぐに入店。まだカウンタはガラガラ。

「時間切っちゃってすいませんね」と親方は気を使うのだが、問題無し。金曜はちょっと遅い時間から予約が立て込むので、早い時間なら大丈夫なんですよとのこと。

お酒は菊正の冷酒を貰い、お通しは蛤の貝柱ヅケ。これは粒は小さいが旨味が深くて好きだなあ。

まずカレイ。プリプリの活かった身。煮切りではなくスッキリした醤油で食するとこれがまた旨い。塩蒸しも房総産、大きなアワビ。煎り付けたような香ばしい香りと歯応え、旨味も素晴らしい。握りでは食べた事がないのだが、つまみで貰うと酒が進む。

「相撲は名古屋ですから、行ってませんよね?」と石丸親方が問うので、「先週遠征してきたんです」と相撲談義。「新橋鶴八最後の弟子」君が、「じゃあ宇良が日馬富士に勝った時ですよね」と。その後、親方入れてひとしきり宇良の相撲談義。先場所が技能賞だったよなあ。8勝の嘉風にやるんだったら。

軽く酢を潜らせたアジは、身はふっくらとして旨味と脂が乗っている。「そういえば分店ではイワシを出していた」というと、金目やイワシを出してるらしいですねとちゃんと情報が入っている。若いお客さんも多いからだろうけれども、イワシはちょっと下品な脂で、アジにはかなわないと思いますよと。金目も底魚なんで脂がくどいから、火を通すなら良いけれど寿司にはどうかなあとの意見であった。確かにそうかもしれぬ。

漬け込みのハマグリもつまみで。肝臓に染み渡るなあ(笑) 

この辺りで握りに。まず中トロ。米の旨味を残してふっくら仕上げたこの店の酢飯とよく合う。「新子がありますよ」と親方が言うので、コハダはひとつ新子で。3枚付くらい。薄いけれども、ここの普段のコハダ通りネットリした旨味を感じるねというと「腕ですよ(笑)」と石丸親方。江戸前伝来の仕事を残すこの良き店で、親方から軽口をきいて貰えるくらいの客になれた事に、なんだか静かな感謝と達成感を感じる。

アナゴもトロトロ。時期もちょうど盛りだ。仕事も素晴らしい。鶴八系のアナゴを食すると他の店のアナゴが食えなくなる。最後はカンピョウ巻きで〆。しみじみした満足感と共にタクシー帰宅。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する