FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
松山旅行写真日記④ 食べた物あれこれ
初日の夜は、どの辺りが盛り場か分からず大街道をブラブラ。大体において、大きな商店街から1本外れたところに飲食店が集まっていたりするものだが。松山名物でもと思ったが、外から見ると空いていたので、ついフラフラと炭火焼肉の店に。カルビとハラミ、炙りユッケとワカメスープなど。

amyIMG_6655.jpg
amyIMG_6656.jpg

別に松山とは関係ないけれども、なかなか美味かった。

amyIMG_6693.jpg amyIMG_6692.jpg

二日目はガイドブックを事前にきちんと調べて、朝昼兼用で「ことり」の鍋焼きうどん。松山のソウルフードだとか。ベコベコのアルマイトの鍋がレトロ。味もレトロに美味い。七味は辛味がピリッと効いて良いアクセント。そもそもメニューはうどんと稲荷寿司しかないので、席につくと、「うどんですね」と聞かれてすぐに出て来る。妙に懐かしい味がする。

amyIMG_6714.jpg

二日目夜は、松山の鯛でも食するかと、大街道交差点角の「かどや」。随分と歴史ある飯屋だったらしいが。若い女性の店員はこれまたキビキビと明るく働いており感じがよい。

amyIMG_6709.jpg
amyIMG_6713.jpg

まず松山地酒の飲み比べセット。

amyIMG_6711.jpg

まずは鯛の刺身を。分厚く切りつけられた身はまだ活かっており、上品な脂と旨味が感じられてなかなか旨い。

amyIMG_6712.jpg

他にもお勧めという黄身の白い卵で作った玉子焼き。旨いのだけれども、やはり卵は黄色いものという先入観があって、色が白だとちょっと食欲に触る感じがするなあ。鯛めしも頼もうかと思ったが、鯛の刺身は食べてしまったのでスキップすることに。

amyIMG_6811.jpg

三日目のお昼は、午前中あちこち回っていた為にずいぶんと中途半端な時間に。ホテルに一旦戻ってホテル内の中華でランチ。なかなか立派な内装の店。海鮮の炒飯があったのでそれを所望すると、ウエイトレスは「焼き飯ですね」と確認する。出て来た物を見ると、確かに中華の炒飯というよりも焼き飯だなあ(笑) 美味かったけれども量が多くて参った。

思い出してみると、大してメシ食ってないね。再訪時は、鯛めしと松山鮓を食さねば。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック