97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座 「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部
先週の日曜日は、歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部。

ファイル_a000 ファイル_a002

最初は「ひらかな盛衰記(ひらがなせいすいき) 逆櫓(さかろ)」の段。

これは以前、橋之助の船頭松右衛門で見た事があるのだが、題名の影響か(笑)途中で船を漕ぎだす観客が多数。義太夫狂言はやはり筋をよく知ってたり言葉が聞こえないと難しい。

しかし、今回は、爺さまの権四郎役で歌六が奮闘して実に感心した。

取り違えた孫が返って来ると勘違いした無邪気な歓喜、人形の頭が落ちて感じる不吉な疑念、そして孫は実は死んだのだと聞かされた時の憤激と復讐心。しかし実は婿が身をやつした武士であった事を知り、その忠義に打たれ、気丈にも犠牲になった自分の孫の死を受け入れようとする諦観。未練を捨てる為「笈摺」を捨ててしまえと娘に云うのだが、樋口に「何の誰が笑いましょうぞ」といたわられて流す涙。そして全てを大団円に導く最後の機転。

物語の主役は、松右衛門実は樋口次郎兼光であろうが、この爺さま権四郎は、喜怒哀楽の全てを自在に操らなければならず、初代吉衛門も演じたという大役。やはり達者な役者が演じると実に迫力あり。

そして松右衛門が「実は」の正体を明かしてからの後半は、いよいよ時代がかってきて、吉右衛門が大きく迫力を持って演じる。播磨屋軍団は安定してますな。最後の左團次が畠山重忠で最後を締める。演者が変わったからか、こんな面白い演目であったとは新しい発見。

前の席は3人並んでドイツ系のように思える年配の御婦人3人。日本語ができるようにはさっぱり思えなかったが、筋書きも持たず、字幕ガイドもイヤホンガイドも使わないという勇気ある観劇。しかし「逆櫓」は、外国人にどこまで受け入れられるか。第二場の、遠見に子供を使って遠い船を表す演出はちょっと面白いし、第三場の碇を使った演出は、義経千本桜「碇知盛」がこの演目から拝借したらしい。櫓を使った立ち回りも歌舞伎の様式美に満ちてはいるが、予備知識もガイドも無しで筋書が分かるだろうか。

大向うには「鶏爺さん」が。なんだか久々な気が。「ウニャワヤ~」と元気にヘナチョコな声を。ご健在でなにより。大詰め、花道の引っ込みで一階席前列から「大当たり!」とデカイ声かけたオッサンは大迷惑。一階でデカイ声を出されると予想していないから、ビックリするんだよね。

「逆櫓」が終わってから幕間の休憩。

ファイル_a003 ファイル_a004

秀山祭御膳。真ん中の船は「逆櫓」にちなんでいるのだとか。食事の後席に戻ると、案の定、前列にいた外国人女性3名は戻って来ない。やはり、筋書き無し、イヤホンガイド無し、字幕ガイド無しで「逆櫓」観て、もういいやという気になったのかねえ。

もう随分前だが、出張で日本に来たアメリカ人女性を歌舞伎に連れて行った事があるのだが、英語のイヤホンガイド借りてあげて、観た演目の一本が「義賢最期 」。大広間で決死の形相で戦う歌舞伎の様式美に満ちた、しかし壮絶な立ち回り。戸板倒し、最後の仏倒れなど、スペクタクル満載。歌舞伎は江戸時代の映画だったんだなと思わせる演目で、評判が良かった。「逆櫓」でも立ち回りがあるし、イヤホンガイドだけでも借りていると、もっと興味深く観れたと思うのだが。

そして第二の演目は、歌舞伎座初演の「再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)」。当代吉右衛門が「四国こんぴら歌舞伎」で上演するために、古い狂言を母体に脚本を手がけた歌舞伎。江戸の芝居小屋の雰囲気を残そうという趣向で書いたという。今回は主演を甥の染五郎に譲って、中村吉右衛門は監修に。

全く予備知識なく観たが、これが結構面白かった。外国人には義太夫が語る丸本物よりもこちらの演目のほうが、歌舞伎らしさのエッセンスがあれこれ盛り込まれていて、馴染みやすかったと思うのだが。「逆櫓」だけ観て帰って気の毒であったな(笑)しかし前方三席が空くと大変に舞台が見やすい。

吉衛門の甥に当たる染五郎が、桜姫の色香に惑い転落してゆく破戒坊、清水法師清玄と、奴浪平を二役で、早変わりも見せて大奮闘。清玄桜姫物というのは、歌舞伎における一種のモチーフで、僧清玄が高貴の姫、桜姫に恋慕して最後には殺される。その死霊がなおも桜姫の前に現れるという事らしい。女に恋焦がれて堕落する坊主というのは、「鳴神上人」にも似ている。

桜姫の恋の相手、千葉之助清玄を演じる錦之助は、爽やかな二枚目だが中身空っぽという役をやると実にはまるねえ(笑)

桜姫に雀右衛門、山路に魁春、小姓坊主に児太郎、米吉と新旧女形揃い踏み。小姓坊主は衆道の相手にされるわ殺されるわ、エライ目にあって気の毒であった。笑いも随所にあり、切って落とす浅黄幕、傘を使った様式美に満ちた立廻りやだんまりの場面など、随所に歌舞伎のエッセンスが詰め込まれており、気楽に観れてなかなか面白かった。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック