FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲九月場所13日目 写真日記 その1
os001.jpeg os002.jpeg

大相撲九月場所13日目を観戦に国技館にやってきた。雲行きは怪しく午後からは雨の予報。

os0021.jpeg

木戸には元寺尾の錣山親方が座っており女性に大人気なのであった。ただ男が声かけても、「どうぞ楽しんでください」というだけでどこか素っ気ないのであった(笑)

os006.jpeg

二階の等身大看板は大関三人だけだったのだが、横綱四名は入り口左側に勢揃いしていたとは知らなかった。

os003.jpeg

上位陣に休場者続出したが、誰にもチャンスがある場所で優勝争いはそれなりに盛り上がっている。懸賞も一部キャンセルがあったようだが、それでも結びには随分とかかっている。

os004.jpeg

昨年の全勝優勝の額。豪栄道よ、もう一度優勝を見せてほしいのだが。

os008.jpeg

この日は二階の椅子席A。通路側なので、「前ノメラー」に悩まされることが無いのが実に助かる。

os009.jpeg os010.jpeg

いつも通りまずは「雷電」で腹ごしらえ。

os011.jpeg

天気が悪いからか、入り待ちの列ができるのはいつもよりも遅いようだ。本日は幕下上位にも興味深い一番があるので、私も早々に場内に戻る。

os019.jpeg

この日も満員御礼。

os013.jpeg os016.jpeg

中入り時に、今場所で終わりと考えて、事前に二階西の売店で購入していた照ノ富士弁当を広げる。売店のお姉さんに「もう初場所はこの弁当無くなってるよね」と声をかけると、決して否定せず、「まあ、まだ若いから、待ってたらそのうちにまた戻ってくるんじゃないの」と長期戦の構えなのであった(笑) 琴奨菊の時は「来場所10勝したら戻ってくるからさあ」と言っていたのだが(笑)

しかし在庫が余ったら困るからか、牛タンの量など少ない気がしたけど、元々あんなだったっけ(笑)

大相撲十三日目。始まった時点で、豪栄道に2差で四敗力士が10人。四敗同士の対戦があり全員が負ける訳訳ではないが、豪栄道の取組までに7名が次々敗北。豪栄道の取組の時点で2差で残っているのは朝乃山と豪栄道の後で取組がある嘉風と日馬富士の勝者の2名になる事が確定。しかしここで負けますか。

豪栄道が三敗で首位ではあるが、四敗に横綱日馬富士と朝乃山、理論上は可能性のある五敗に13人もいるという非常事態に。明日、豪栄道が勝ち、四敗二人が負ければ優勝決定ではあるのだが、本日のスカタンな負けっぷり見るとなあ。千秋楽に日馬を破り12-3で優勝してほしいが。

最悪の冴えないシナリオは、明日、豪栄道が勝ち、日馬、朝乃山が破れ優勝決定。そして千秋楽に豪栄が日馬に破れて結局は11-4で優勝でしたというもの。横綱大関が殆どいない場所で11勝の幕内最高優勝はあり得ない。豪栄道よ、最低でも12勝は必須だ。優勝はどうでも良いから大関の誇りを掛けて、後二つは絶対に勝ってくれ。

os020.jpeg

打ち出しで外に出るともう暗い。初日よりも明らかに日が短くなっているのが分かる。

ま、しかし、豪栄道は自分でバッタリ前に倒れて負けるし、雨は降ってくるしで踏んだり蹴ったりである。さて、14日、千秋楽と場所はいったいどうなるか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する