FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲九月場所千秋楽 写真日記その1
aas001.jpg aas002.jpg

大相撲九月場所千秋楽を観戦に国技館まで。豪栄道が一差で先行。これを日馬富士が追う。3横綱2大関が休場で、どうなることやらと危惧された場所も、なんとか千秋楽まで横綱土俵入りが途切れることなくたどり着いた。あとは豪栄道が優勝するのみ(笑)

aas009.jpg

結びの一番には多数の懸賞がかかっている。若手力士の台頭もあったが、結びの一番で優勝が決まるというのは実に良い結末であった。

まず「雷電」で腹ごしらえ。後はのんびりと下位力士の取り組みを。

aas004.jpg

本日の席は東の花道を望む椅子席。「前ノメラー」が来てもちょうど土俵は間から見えるので大丈夫。

aas005.jpg aas007.jpg

中入り後には豪栄道の勝利を願って豪栄道弁当を。焼肉、コロッケ、春巻といかにも相撲取りの好きそうなおかずだなあ(笑)

aas011.jpg

この日も満員御礼。

中入り後に飲み物買って席に戻ろうとすると声を掛けられる。なんと「P.M.9」のバーテンダーM氏とその弟子が相撲観戦に来ていたのであった。前の日は「新橋鶴八分店」の飲み会だったし、鶴八系に会う時はやたらに合うなあ(笑)

しかし、結びの一番、日馬富士の立ち合いは恐ろしく素早く、先手を取って豪栄道を手玉に。そして優勝決定戦。低く低く突き刺すような当たり。あの当たりを食らっては、さすがの豪栄道も後ろに引くしかない。悪い癖の引き技が出たようにも見えたが、あれは引かないとどうしようもなかっただろう。いや~、日馬富士は横綱の責任を果たす素晴らしい相撲であった。

aas003.jpg

帰宅して録画でもう一度優勝決定戦を。日馬富士は寄り切った後、豪栄道が土俵下に落ちないよう抱きかかえ、そして「俺たちよく頑張ったよな」、とばかり豪栄道の背中をポンと叩く。役力士の責任を果たし、全力で戦った者同士だけが分かる魂の触れ合いとでも言うか。日馬富士は素晴らしい横綱だ。豪栄道は、九州場所で巻き返してほしい。

aas006.jpg

本日は仕事がバタバタして日中は相撲ロスを感じる時間なし。しかし夕方には、帰宅しても、もう大相撲は録画されていないのだと寂しい気持ちに。

ただ帰宅するとAmazonから豪栄道の自伝。「すもう道まっしぐら! (集英社みらい文庫)」が届いていた。これを読んで相撲ロスを癒そう(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する