97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」、夜の部を観た。
fb7c421c80281.jpg

先週の土曜日は、芸術祭十月大歌舞伎、夜の部に。最初の演目は、坪内逍遙作「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)」

初演からもう100年経つのか。大阪夏の陣、落城を目前にした大阪城内。淀の方を玉三郎が初演で。

元々は派手な立ち回りなどが付いていたらしいが、原作には無かったとの事で今回は削除。全体として密室の台詞劇になっている。玉三郎は大向こうの会に、今回公演は大向こうを掛けないよう頼んだそうで、大向こうは一切無いちょっと歌舞伎としては珍しい舞台。逆に密室の心理劇に緊迫感が増す。

勘三郎は、著作読んでも大向こうには、結構あれこれ意見したらしいが、頻度から言って、やはり立役の方が声が掛かるのを歓迎する傾向があり、女形は掛け声を「うるさいわねえ」と思っているんじゃ無いかな。いや、待てよ、歌右衛門は大向こうの山川静夫と親交があって本も一緒に出していた。必ずしもそうでもないのか(笑)

落城の寸前、栄華から絶望へと突き落とされた淀の方の、怜悧で高貴な、しかし哀しい錯乱が主眼。全てに疑心暗鬼になり、周りを責め立てる一種鬼気迫る迫力を、玉三郎が見事に演じる。児太郎演じる常盤木も短い出だが印象的。

演者も殆ど女形で、極限状態での心理を描く台詞劇。普通の歌舞伎の様式美とはまた違った面白さに仕上がっている。やはりオッサンの胴間声は似合わないかな(笑)

ここで30分の幕間。花篭で芸術祭御膳なるものを。

IMG_7009.jpg IMG_7010.jpg

次の演目は、「漢人韓文手管始(かんじんかんもんてくだのはじまり)」 唐人話

実際に江戸時代に起きた、唐人殺人事件を元に脚色した脚本。歌舞伎座では四半世紀ぶりくらいの上演。あまり人気ある演目ではないということかな。上方歌舞伎を見慣れていないせいか、鴈治郎の和事味とか、「ぴんとこな」の役柄というのは、実にピンと来ないね(笑)

傾城役の七之助、米吉は綺麗だが、芝翫演じる幸才典蔵は、どうも人物につかみどころが無く、鴈治郎と一緒にバタバタやるのだが、あまり印象に残らない。話の内容は、実際の所、何が面白いのかあんまり分からなかったな。

最後は舞踊「秋の色種(あきのいろくさ)」

名曲すぎて振りがつけ辛いといわれた長唄が原曲。舞台は美しい秋の情景。梅枝と児太郎が、まず二人で琴を弾く。玉三郎に厳しく鍛えて貰って、いつかは阿古屋を伝授して貰えたらよいね。この演目も大向う無し。静かでよろしい(笑)

そして玉三郎が若手女形2名を両脇に従えて踊る。玉三郎は若手を従えて踊るのが好きだなあ。勿論、若手にもよい勉強になるだろう。中心で踊る玉三郎は、たおやかにそして優美に美しく舞うのだった。舞が終わった後の花道の引っ込みも印象的。

打出しの後、地下鉄の駅に向かうと、雲間に美しい月。

281C4523-9B8F-4716-99BE-B2F728AAE931.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する