FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「輿兵衛」訪問。
昨日の土曜日は、「ブレードランナー2049」を観た後で、西大島「輿兵衛」に。台風続きで寿司屋も大変だろうけれども、先週の火曜日に予約してある。

しかしこの夜は、地下鉄が雨のせいか遅れており、7時に10分ばかり遅刻。やはり余裕持って出ないとあきませんな。カウンタはほぼ満席になる模様だが、到着済はまだ2名のみ。電車は新宿線しかアクセス無いものなあ。

取敢えず本日の大吟醸を一杯。「東一」。軽いふくよかな旨味がスッと喉に抜けて行く癖の無い酒。親方に聞くと前回の台風直撃の時はさすがにキャンセルが多く閉店したと。まあそれはそうでしょうな。土曜にしてよかった。

まず牡蠣のスープが供される。寒い時期はこのスープが至福。程なくカウンタも満席に。賑やかな女性3人組がおり、親方も調子良く飛ばしている。この店では知らない客同士でも、親方の冗談で一緒に盛り上がったりするが、時にはあまり冗談の相手しないでゆっくり飲めるのも、これはこれで結構(笑)

まず何時も通りお通しの一皿が供される。ホタテ煮浸し、海老頭ヅケ、中トロ炙りのヅケ、ヒラメ甘酢ヅケ、新イカゲソ。どれも結構。酒が進む。次は十四代本丸。ふくよかな旨味が濃い。そして握りに以降して後は、醸し人九平次。こちらは爽やかな酸味が立って、また飲み口が変わってよろしい。

適当な所で他のお客さんと同じタイミングで握りに。何時もながら固めに炊かれた酢飯は米の旨味があり、他の店には無いちょっと不思議な香ばしいような風味を感じる。炊き方の妙か、酢に違いがあるのか、あるいは合わせ方か。この辺りは企業秘密で、親方に聞いても「中毒になる薬を入れてるんです」と言われるだけだからなあ(笑)基本的には、魚の仕事とピッタリ合うような酢飯を作るのが寿司仕事だという事のようである。

握りは程のよい大きさ。ホロホロ溶け崩れるような酢飯を喜ぶ人も多いようだが、ここの店の酢飯は仕事を施した寿司種と一緒に噛み締めると口中で崩れて行く美味さ。鶴八系の酢飯にも近いが、この店にしかない寿司種仕事とのコンビネーションで、オンリーワンの魅力あり。

マグロ赤身ヅケ、艶々した新イカのヅケ。酢飯の旨味が良く分かる。ヒラメ甘酢、胡麻醤油づけは、浅葱と一味唐辛子と薬味を変えてアクセントに。ここの胡麻醤油もいつも感心する。

巻に近い大きさの海老は、甘酢に潜らせオボロをかませる古式の仕事。シマアジもこの店のスペシャリテ。炙って余計な脂を落とし、香ばしさを加えたシマアジを薄く切って薬味も噛ませて3枚つける。北寄貝は色味からして軽く湯を通してから甘味に漬けてあると思うが、これまたこの店でしかお目に掛かった事のない酸味と甘味がバランスしている。

この辺りで、これまたこの店のクライマックス。光り物が脂の薄いものから濃いものへとグラデーションをつけて供される。キスは癖のない淡い旨味。コハダはやはり寿司の為に生まれたような魚。サバは甘い脂が乗る。最後はイワシ。脂の乗った分厚いイワシを〆ると脂と旨味がまるで蜜蝋のように固まる。削ぎ切りにして3枚つけて供するが、口中でイワシの身肉と脂が酢飯と一緒に崩れてゆく至福。これも他の店でお目にかかった事は無い。

ここから煮物。ハマグリは古式を残す風味の良い煮ツメで。このツメがまた独特で旨い。アナゴは爽煮風に白醤油で煮るがパサパサではなく身が厚くトロトロに脂が乗っている。鶴八系とはまた違った、しかしこの店にしかない美味さ。最後は小柱をすり入れて焼いた卵焼きを酢飯抜きで貰って一通り。

食欲旺盛な人ならここから更に気に入ったものを再注文するお代わりタイムに突入するのだが、私は酒も飲んでいるしこの程度で満腹。勘定をして貰い、大概一番先に店を出る習慣。親方と女将さんに礼を言って店を出る。他の何処にも無い、輿兵衛だけの寿司。オンリーワンの魅力を堪能。雨は振っていたが大通りに出るとラッキーにもすぐタクシーが捕まり、心地よく帰宅。映画もよかったし寿司もよかった素晴らしき日。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する