97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
火曜日は会社帰りに「新橋鶴八」で一杯。早めに入ったが、カウンタは恰幅の良いお客が一人だけ。まず菊正の冷酒を貰ってつまみから始める。お通しはスミイカのゲソ。もう結構肉厚になった。

熱燗を飲んでいた隣の恰幅良い客が、バイトの女性に「お冷」と頼むと、冷酒が出てくるという緊急事態発生(笑) 石丸親方バイトを叱る(笑) 後から入ってきた私が冷酒を頼んだので混乱したか。

まあ、意外にこの辺りは難しくて、ただ「ひや」というと元々は常温のお酒が出てくるのが定法。しかし最近は「冷酒」の意で取られることもある。「お冷」と「お」が付いただけで勿論水の意味になるのだが、最近の若い子には通じなくなっているのかな。確かに外国人に「ひや」は酒で「おひや」は何故水なんだと聞かれたら解説が難しい。

私自身は、混乱が嫌なので、どこの店でも注文する時には、「お酒を常温で」、「お酒の冷たいの」、「水をください」と言う事にしている。

白身は種札にタイとある。時折置いてあるのは知っていたが実際にお目にかかるのは今までほとんどなかったな。「佐島の鯛ですから旨いですよ」と親方。身は活かっており薄めの切りつけ。皮目は軽く火が入っているとのことで、歯ごたえ良く身肉との間にしっかりと旨みあり。

昨日、タクシーの運転手から「トランプは帝国ホテルに泊まっており回りは封鎖だらけで交通渋滞がひどかった」と聞いた事など親方と雑談していると、隣の恰幅良い客は、なんと商談で上京して帝国ホテルに宿泊中で、昨日は部屋まで100メートルばかりの間に4回も検問があり、どこに行く、誰に会う、何の話をするなど聞かれて往生したとのこと。大迷惑ですな(笑)

塩蒸し。歯応えがあり、実に旨みが濃い。ブリは脂の乗った腹身の部位をえぐるように切りつけて。噛み心地が良く、脂には癖が無く、身肉の旨みあり。トロトロに脂が乗るよりも刺身で食するなら、この辺りが程よいかもしれない。

今日も7時には満席だそうで、早めに終わるつもりが、隣のお客が結構話し好きで進行が若干遅めになったが基本的にはまったく問題なし。漬け込みのハマグリもつまみで。旨いねえ。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。中トロ2、コハダ2、アナゴ2、カンピョウ巻は半分にしてもらった。鶴八伝来の仕事を施した種はどれもいつも通り旨い。コハダとアナゴは他店の追随を許さない揺ぎ無い仕事。米の旨みを感じるフックラした酢飯もいつもながら。「九州場所、気を付けて行ってらっしゃい」との石丸親方の挨拶を貰って、満ち足りた気分で勘定して店を出た。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する