FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」で本年の寿司納め
先週日曜の夜は、今年最後の「新ばし しみづ」。その前の週に、今年最後の訪問をしようと電話したのだが、この日の7時半からしか空いていないとのことで、相変わらずの大繁盛。

ちょっと早めに新橋に到着。「P.M.9」は日曜お休みかと思ったが、店の前まで行くと営業中だったので早速入店。カウンタにはお客無し。日曜はチーフバーテンダーM氏は休みだが、下の彼が一人で営業しているとのこと。まだ何も食していないので、流石にマティーニなど呑むと酔っ払ってしまう。ジン・フィズを注文。まだ手際は良いとは言えないが、ちゃんと出て来る。

大相撲問題の事など話ながら、時間つぶし。数分前に、清水親方がドアを開けて、「ご準備できました」と呼ぶのでビックリ。この店で待っていることは伝えていないのだが「しみづ」の顧客管理恐るべし。

結構遅い時間なのでカウンタは既に結構賑わっている。先輩弟子が辞めて、奥で手伝っていた、大相撲、錦木似のメガネ君が入り口近くに立つ。来春には、以前「銀座某店」で働いた後、他で修行した職人が弟子で入る予定と。

お酒を常温でもらって始めてもらう。お通しはなめこおろし。埼玉のAご夫妻は昨日来店された由。随分とお会いしていないなあ。などと考えていると、隣に、これまた実に久しぶりにお会いするI氏夫妻が。奥さんは前にここでちょっとだけ臨時で手伝いしていたのだが、I氏は実に久しぶりにお顔を拝見した。昔は、「輿兵衛」や築地「つかさ」でもよくお会いした。そんな懐かしい話など、カウンタ席でちょっとだけ。

つまみはおまかせで。ヒラメは、実にシットリと芳醇な旨味。炙ったサワラ。皮目は香ばしく、身肉には柔らかな旨味が充満している。塩わさびで。牡蠣の浅い塩辛。タコ。スミイカは細切りで。サバはしっかりした〆だが、口中に溶ける甘い脂。

例年通り、年始も2日から営業とのことだが、3日も既に満席。寿司始めは「しみづ」という訳にはゆかないか。

赤貝、漬込みのハマグリ、ウニなどもつまみで。

この辺りでお茶を貰って握りに。

マグロはシットリとして旨味あり。熟成が進んだ柔らかい身はトロトロだ。中トロでも若干赤身に近い身、やや脂のある身と変化をつけて。赤酢の酢飯は噛み締める度に寿司種と一緒に構内に溶け崩れて最後にコメの旨味が出て来る。

コハダは最初は肉厚のネットリ系。2貫目は一匹丸づけでやや身肉は薄いが、力強い酢が効いている。「しみづ」でしか出会えないパンチ力あり。合わない人には合わないだろうが、好きになるとこれが癖になる。アナゴは最初は塩で、次はツメで。カンピョウ巻は半分で〆。

神保町「鶴八」の今後については、田島氏が出た後に無くなる訳ではなく、年明けに重大発表があるのだと清水親方が(笑) 年明けカウントダウンの大晦日パーティーに同席したら、年明けと同時に発表しますよというのだが、九州に帰省しているしなあ(笑)

まあ、石丸親方も、「来年もあそこに鶴八は在るんですよ。来年は行って見てくださいよ」と不思議な事を言ってたのだが。さて。


何れにせよ、これで本年の寿司納めであった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/01/02(火) 19:49:48 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。って、まだ今年はblog更新しておりませんがw
2018/01/05(金) 20:30:48 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する