FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」、今年初訪問。
昨日の夜は「新橋鶴八分店」。前日夕方に、空いている夜があるかと親方の携帯にショートメッセージを入れておいたのだが、金曜朝に「本日夜は7時までなら空いております」と返信あり。早速予約。今年最初の訪問だ。

ニュー新橋ビルの2階に上がって行くと、店の前で五十嵐親方が手を振って歓迎のお出迎え。本日口開きの客となった。冷酒を注文すると酒のラインアップが増えている。持ち込みの客も多くなったので、最初からラインアップ増やしたほうが面倒無いとのこと。九平次純米大吟醸を最初に。お通しは鯛の酒盗。二杯目は加賀鳶。もう一種聞きなれない酒を飲んだが、忘れてしまった。

立て込むと遅くなるので、「早く早く」と親方を急かしてつまみから。まずヒラメ。前日〆た2キロ超とのことだが、ネットリ熟成感あり。これからは神保町に通うので、ここにも来れなくなるなあ、などと冗談を言っていると、大常連O氏が登場。

最近のO氏は、あまり体調良くなく、殆ど酒を飲まず短い時間で帰るとの事。やはり新橋の昭和スナックに、タイム・トンネル潜って頻繁に出入りしていると、時空の歪みが蓄積して身体に悪いんじゃないかな(笑)

O氏と五十嵐親方を入れて、「新橋鶴八」名跡相続一門総選挙の票読みの話題など。馬鹿話すると面白いなあ(笑)「新橋鶴八」が神保町の「鶴八」を継ぐともう「分店」ではなくなる。「ニュー新橋鶴八」に店名変えるように推奨。O氏の案は「寿司居酒屋いがらし」。こっちも良いな(笑)

ミル貝は軽く炙って。甘味が増す。シャコは実に立派なもの。久々に食したが、鶴八系独特漬込みの仕事がしっかりしてあって旨いよね。立派なタコは煮上がったばかり。まだ温かい身肉は柔らかく甲殻類を思わせる香りが良い。煮上がりすぐなので塩も付けなくても十分味がある。最後につまみでヅケを所望。ネットリした旨みあり。

時間になっても来ない客がいて、手伝いの女性が何度か電話を入れている。携帯の番号なのだが、英語のアナウンスが流れて先方が出ないとか。平気でドタキャンするこんな輩が居るから普通の客も予約が取れなくなったりする。人気店になるとドタキャンする輩も寄って来るんだよなあ。

そろそろ退散しなくてはならないのでおまかせで握りを1貫ずつ。サヨリは分厚く立派な身。爽やかな旨みが酢飯と良く合う。酢飯は水分が少なく硬めで、米の甘味と幽かに香ばしさも感じて実に美味い。中トロも旨みが酢飯に溶け崩れる。漬け込みのハマグリ。ツメが濃厚。アナゴは厳しい時期だが、鶴八伝来の仕事でトロトロに煮上がっている。コハダも1貫。最近海が荒れて不漁というが、これまた鶴八伝来、ネットリした旨み。最後にカンピョウ巻を半分だけ貰って〆。

いつもならずっとトグロを巻いて何時間も居る大常連O氏は、来週の予約を何件か入れると、なんと握りをサッと食して「じゃあな」と先に帰っていった。珍しいな。その背中に、老いてゆく男の哀愁を感じる(笑) 

20180120083626847.jpeg

勘定を頼むと、ブログに書いてくださいと親方が食べた物のメモをくれた。後でチェックすると、つまみで最後に貰ったマグロヅケが脱落していた。サービスかな。どうも御馳走様(笑)

駅からタクシー帰宅。風邪薬を飲んでいたので酒がむやみに回って酩酊。バタンキューで就寝。

本日は国技館に相撲観戦に行くので、何時になく早めに寿司日記をアップ。しかし稀勢の里が休場してしまったし、豪栄道は既に2敗だし、優勝はやはり鶴竜かな。幕尻朝乃山奇跡の平幕優勝、大関取りに名乗りを上げる御嶽海の優勝もあり得るか。栃ノ心が突っ走ったら驚愕だけれども。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する