FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問。
先週木曜日は仕事も早く終る予定だったので、夜はどこかで飲んで帰るかと、朝方にショートメッセージを「新橋鶴八分店」に送る。しばらくして返事があり「空いている」との事。珍しいな。仕事帰りに入店。

201802251855406a4.jpeg

先週木曜日は仕事も早く終る予定だったので、夜はどこかで飲んで帰るかと、朝方にショートメッセージを「新橋鶴八分店」に送る。しばらくして返事があり「空いている」との事。珍しいな。仕事帰りに入店。

暖簾をくぐると、「この前のブログの題名で、店名を間違えていたじゃないですか」と五十嵐親方が笑う。そうそう、この前アップした本店の訪問記録の題名が、何故か自動変換のミスで「分店」となっており、翌日気づいて修正したのだが、よく見ている。「惰性で書いてるんでしょう」と言われたが、まあ最近はそうかもなあ(笑)

カウンタ一番奥には座布団が置いてあり、大常連O氏が来訪する予定。なんでこう予定が重なるのかね。もっともO氏も最近はすっかり酒が弱くなって、カラオケにも誘わないから大丈夫ですよと。まあ人間誰しも衰えますな(笑)

注文する前から加賀鳶の冷酒が出て来て、お通しのイカの塩辛で一杯やっているうちに程なくO氏が登場。食べたものはこのメモの通り。

最近は、何も注文せずとも勝手に出て来る。立て込むと出て来るのが遅いので困る(笑)

まずヒラメ。2キロ超というが立派な身。身のテクスチャも味も、本店よりも熟成感あり。「縁側がやたらに大きいな」と感想を述べると「ブログでまた悪口書くつもりでしょう」と警戒する。縁側も若者にはよいけれど、最近では脂が過ぎる気がするよなあ。

アナゴの一夜干し炙って。香ばしい風味とシットリした脂の旨味。サバはネットリして甘味あり。サヨリは何故か若干塩が立っている気がしたが、肉厚で旨味があるのでこれで結構。

O氏とあれこれ雑談していると反対側に座ったお客さんが話かけてきて、大阪に居る頃、このブログを読んで分店の様子を把握していたのだと。ちょっとはお役に立てて何より(笑)

小柱の串焼きとサヨリの皮を炙った串でさらに一杯。ミル貝は軽く炙ってもらう。なんでも「新橋鶴八」の暖簾は既に発注したと。まだ正式に跡目が決まってないと思うけどに大丈夫か。「しみづ」が聞いたら怒るぞ(笑)とはいえ、いつ電話しても連日の満員であるから、実は私も今年に入って「しみづ」には一度も行っていないのだった。

焼酎の水割りを飲んで居たのだが、この辺りで握りに。ヒラメ昆布〆、マグロ赤身ヅケ、コハダ、ハマグリ、アナゴ、カンピョウ巻。五十嵐親方がくれたメモには、もう一品書いてあるのだが字が解読できない(笑) アナゴの後、〆はカンピョウ巻だったはず。その間に何か食したっけ。ウニも鉄火巻もここではまず頼まないけどねえ。

そんなに飲んで無いと思ったが、傘を忘れて帰った所を見ると、やはりお酒が回っていたのかもしれない。翌日の会社帰りに取りに行って、飲まずに帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
穴子、?、カンピョウ巻
穴子、?、カンピョウ巻の?ですが、もし「シマ」と判読すれば「シマアジ」。ですが、穴子の直後ですので違和感が残ります。「シマ」が仮に「タマ」なら玉子焼でしょうか?いずれに致しましても不可思議な一夜でしたね。

ところで、私も今年は未だ「しみづ」にお邪魔しておりません。何とか予約を勝ち取って出かけて参ります。

それでは、また。
2018/02/27(火) 00:28:52 | URL | 南大路魯山人 #-[ 編集]
Re: 穴子、?、カンピョウ巻
> 穴子、?、カンピョウ巻の?ですが、もし「シマ」と判読すれば「シマアジ」。ですが、穴子の直後ですので違和感が残ります。「シマ」が仮に「タマ」なら玉子焼でしょうか?

シマアジは確かに種札にありましたが、アナゴの後で食した記憶が無いですねえ。

ただ隣の大常連O 氏に出すものをついでに出したりがあるので、その点がw

しみづ、予約取れたら良いですね。
2018/02/27(火) 08:01:05 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する