FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、三月大歌舞伎昼の部。
更新が遅れてしまったが、先々週の土曜日は、歌舞伎座、「三月大歌舞伎」昼の部。

20180311124459486.jpeg 20180311124558986.jpeg

夜の部が仁左玉揃い踏みであるが、昼の部はどちらかというと若手が中心の座組みか。

まず最初の演目は「国性爺合戦(こくせんやかっせん)」

台湾で活躍した英雄鄭成功(ていせいこう)を題材に近松門左衛門が書いた時代物。

愛之助演じる和藤内(わとうない)という主人公の名前は、「和」でも「唐」でもない出自を洒落て表現しているとイヤホンガイドで。この人物の演技は全体に荒事として演じられ、飛び六法の花道引っ込みが2回もあってなんだかお得な感じがする。ただ人物造型としては単純で、さほどカタルシスある見せ場無く、ただ力みかえっているような役柄。

一見して和藤内が主人公に思えるが、逆に城内での物語の部分では、老練な秀太郎が筋と意地を通す継母役を演じて、前面に立つ。夫の前の夫人の娘である錦祥女に対して、「継母としての義理が立たない」などの理屈の応酬やら情愛やら、芝翫演じる甘輝が「妻を殺さねばならない」という理屈は、単に日本流の義理人情や忠義と考えてはなんだか納得行かない部分もあるのだが、物語転換の演出と役者の押し出しでなんとなく乗り切る。まあ中国のお話だから(笑)

秀太郎は縄をかけられ手を使わずに演技というのは結構大変な役。立ったり座ったりも大変だ。東蔵が爺さん役というのも珍しかった。途中では「もぐもぐタイム」に「そだねー」もサービスで。中華風の派手な舞台、荒事の派手な所作、人間のドラマもあって、なかなか楽しんだ。

20180311124616cba.jpeg

ここで30分の幕間。花篭食堂はそんなには混んでいないね。花車膳など。

次の演目は、四世中村雀右衛門七回忌追善狂言として「男女道成寺(めおとどうじょうじ)」。

2018031112453482c.jpeg

所謂「道成寺もの」のバリエーション。恋に狂った清姫が蛇身となり焼き尽くした鐘を巡る物語。若手総出の所化坊主が大勢現れた後、大谷右衛門が高僧のいでたちで舞台に現れ、四世雀右衛門追善公演の口上を述べる。

その後に二人の白表紙が登場。当代の雀右衛門が白拍子花子。白拍子桜子実は狂言師左近を松緑が演じる。松緑の女役は初めて見たが、元々踊りも素晴らしいし、なかなか綺麗に成立している。そして実は男の狂言師であったという展開に。長唄と常磐津の掛合の」舞踊劇。引き抜きの美しい衣装転換。清純な娘ぶりから恋を知った妖艶さ、そして鐘を見つめる狂気を、雀右衛門演じ分ける舞踊も、連れ舞いの松緑の舞踊も両人踊り巧者であるから、それぞれに面白い

道成寺物恒例の手ぬぐい撒きもあり。あまり前のほうには飛んでいるように見えなかったが、私の右隣の人も前の席の人も手に入れて広げている。いったいいつ飛んできたのだろう(笑)そういえば、以前歌舞伎座で観た玉三郎「娘五人道成寺」だったか、偶然に手ぬぐいが私の膝の上に落ちたが、隣のオッサンが横から手を出してサッとかっさらっていった。まあしかし、世の中浅ましい輩もいたもんだよねえ。

20分の幕間を挟んで最後の演目は、「芝浜革財布(しばはまのかわざいふ)」

落語の人情話「芝浜」を元にした世話物狂言。この落語は名作でよく知られている。

今日くらいは一杯やったらと女房に勧められるも、「よしとこう。また夢になるといけねえ」という落語のサゲは、落語では絶妙なのだが、劇の切りに使うには確かに難しい。歌舞伎の舞台では最後の部分の演出をちょっと変えている。

話の筋は単純で分かりやすい。人は良いが大の酒好きの魚屋政五郎を芝翫が軽妙に演じる。ニンにあるので手馴れたもの。この演目でお披露目の愛之助の部屋子も親切に紹介。大宴会のシーンも賑やかで下町の人情に溢れて暖かい。政五郎女房おたつの孝太郎も、情愛に溢れたしっかり者として見事に成立している。

打ち出しの演目としては大変に後味が良い。まだ明るい中、銀座をブラブラ。どこかに財布落ちていないものか(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する