FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
久々に「新ばし しみづ」。
先週の日曜日、お昼に実に久々に「新ばし しみづ」。

その前、金曜の夜には「P.M.9」で一杯。 久しく「しみづ」に行ってないとバーテンダーM氏と雑談して、帰宅しようと外に出ると「久」の親方にバッタリ。やはり行かねばならんなと土曜日に「しみづ」に電話。清水親方が電話に出る。日曜日が空いているか尋ねると、夜は法事があって営業お休みなんですと済まなさそうに。しかし昼なら1時から大丈夫だというのでお昼に予約。

1時丁度に入店。既に入れ替わりで1時からと思しい客が左右に。実に久々に来たのでなんだか懐かしい気さえする。入り口に立つのは新しいお弟子さん。前に入ると聞いてはいたが。昼ではあるけれども、常温のお酒を貰って始めてもらう。

おまかせのつまみから。ヒラメは上品な脂。熟成して柔らかい旨味あり。アオリイカは皮目に細かく包丁を入れてネットリした甘味。甘海老昆布〆は甘海老を並べて朧昆布で挟んで〆た上品な酒の肴。サヨリは細切り生姜醤油。アジも既に結構な肉厚に。

「新橋鶴八」神保町移転の事や、分店の名前から分店が取れた事など清水親方と。清水親方も「新橋鶴八」を襲名したがっていたはずだが、割と恬淡としたもの。分店も暖簾が変わってムードが変わりましたねと。神保町は明日からですよと。なんでも前日の土曜日には、店でレセプションをやってで大親方など読んでお披露目したとの事。

ここから貝類。トリ貝、赤貝は立派な肉厚、青柳も。漬込みのハマグリ、ウニなど貰ってつまみ終了。お茶に切り替えてそろそろ握ってもらう。

まずマグロは赤身。そして中トロ。どちらも熟成が進み、肉質なシットリして柔らかく、ここの強い酢飯にもピッタリ合う。コハダは相変わらず酢の効いた厳しい〆。この店独特。生臭さと水分は飛んでコハダの旨味だけが身肉に。噛み締めると鼻から喉の奥にツーンとするような鮮烈な酢の香りあり。これはこれで癖になる。アナゴは塩とツメと1貫ずつ。トロトロの煮上がり具合が良い。最後はカンピョウ巻きを半分貰って〆。久々の「しみづ」寿司を堪能した。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/05/01(火) 00:06:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する