97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「四月大歌舞伎」夜の部。
先週土曜日は、歌舞伎座、「四月大歌舞伎」夜の部を。

201804092132255c4.jpeg 2018040921324383e.jpeg

四世鶴屋南北の作。通し狂言「絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」。片岡仁左衛門一世一代にて相勤め申し候と添えてある。歌舞伎座での上演は初回なるも、監修・主演の片岡仁左衛門がこれで演じ納めなのだと。

まったく予備知識無く見たが、仁左衛門の、血を吸った刃が濡れた光を放つような、妖しい悪の美が随所にあって感嘆。一世一代というのは実に勿体無い気気がする。

仁左衛門は、大名の分家である左枝大学之助、その家来の太平次。偶々瓜二つの相貌であったという悪役を二役で。時代と生世話と演技も違うが、どちらも黒光りする迫力の悪漢を美しくもダークに、実に印象的に演じる。

冒頭から、悪巧みに加担した下っ端を切り捨て、鷹狩りの鷹を殺めてしまった子供をも躊躇なく切り捨てる大学之助には呆気に取られる。諌める家臣を心を入れ替えたふりをして殺し、幕切れに扇で顔を隠しながら真っ赤な舌を出して哄笑する。邪悪な笑みに深い魔の心を見せつける迫力。彌十郎が二役で、役名のひとつも弥十郎なのでちょっと混乱。

二幕目から生世話の演出になり、もう一方の悪役、太平次の登場。仁左衛門は全幕出ずっぱりでこれは確かに大変だろう。河原乞食の女親分、うんざりお松を演じる時蔵は、軽妙で妙に色っぽい女非人を印象的に。質屋の後家を毒殺し、謀事に協力したお松も呆気なく殺す太平次も、小気味が良いほどの悪役ぶり。江戸時代には大変に人気のあった狂言であるというが、一種の良くできたピカレスク・ロマンである。

幕間は花篭で「芝居御膳」。

180401.jpg 180402.jpg

春の雰囲気があちこちに感じられる献立。ただ、今日の食堂は大変に空いている。客席も所々空きあり。有名ではないが見ると面白い演目なのだが、時蔵も彌十郎も二役。役者陣にはあまりバリエーション無く、仁左衛門以外にはあまり役者の華は無いかな。

大詰めは巨大な閻魔大王の像が迫力。奸計が功を奏し追手の弥十郎夫妻を自殺に追い込んで嘲笑う左枝大学之助であったが、これは弥十郎の策略。逆にその隙を逆襲され討たれてしまい、悪は滅びましたという大逆転のカタルシスある大団円。討たれた大学之助も最後は起き上がって観客席に向き直り、これにて本日の終了で御座いますと深々と礼をして幕。実に面白い狂言であった。誰が後を継がないものか。

20180409213347c87.jpeg


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する