FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
遅れ馳せながら、大相撲三月場所写真日記など。
大相撲三月場所、いわゆる大阪場所に、都合3日間遠征したのだが、blogに上げるのをスッカリ忘れていた。写真だけを拾い上げて備忘のために。

(3月17日)

7日目は会社の相撲好きに混ぜてもらって枡席で観戦。大阪には前日金曜の夜に前乗り。

20180417202549288.jpeg

泊まったホテルのエスカレーター。まず数段階段を上がってからでないと乗れない。なんなんやこれは(笑)

201804172026219da.jpeg

場所入りの前に、なんばの串カツ店で一杯。10時からカウンタで一杯飲めるというのは大阪ミナミらしくて結構ですな(笑)

20180417202649783.jpeg

20180417203125138.jpeg

20180417203200fad.jpeg

枡席で大勢で観戦すると行楽気分で酒飲んで酔っ払う。打出し後も、河岸を変えてちゃんこ屋でまた宴会。ヘロヘロでホテルに変える。

(3月18日)

翌日の中日も椅子席を取っていたので、再び一人でエディオン・アリーナへ。椅子席からでも土俵は近いが椅子は流石に体育館で、プラスチックに薄い座布団をくくりつけただけ。座り心地は悪いよね。

201804172032297ae.jpeg 

20180417203302844.jpeg

20180417203328e5d.jpeg

aaIMG_4327.jpg

貴源治と貴公俊が関取で揃って場所入りするのを再び見れるのは何時の日か。貴公俊も、若く未熟なのは分かるが、付け人を殴ったりしない普通の真っ当な人間になって戻ってきてほしい。五月場所も出場停止だから幕下の何処らへんまで落ちるだろうか。

aaIMG_4385.jpg aaIMG_4396.jpg

普通なら昇進できない星だったが、十両から大勢陥落したので大僥倖で関取昇進した炎鵬は、4勝11敗と大負け。やはり家賃が高かった。今度こそは十両で通用する力をつけてから戻って来るよう捲土重来を期してほしい。

201804172034009de.jpeg

この日も満員御礼。

aaIMG_4424.jpg aaIMG_4445.jpg

20180417203429b71.jpeg 20180417203448baf.jpeg

201804172035235d2.jpeg 201804172035501c1.jpeg

ご当地だけあって豪栄道の応援は凄い。豪栄道タオルは何処の売店でも売り切れ。この日は琴奨菊に勝利して大きな拍手を受けていた。

20180417203612de8.jpeg 20180417203633885.jpeg

打出し後、高島屋地下でスペシャル鰻弁当を購入して一路新大阪へ。大阪場所の帰りは、表面パリパリの大阪風鰻がよろしい。

(3月21日)

日曜夜に帰京。月曜、火曜と仕事して仕事終わりに再び新幹線で大阪に。翌日祝日は、大相撲三月場所11日目を観戦。

20180417203656e99.jpeg 20180417203715534.jpeg

2018041720374261c.jpeg

20180417203817093.jpeg 20180417203836091.jpeg

2018041720385855a.jpeg

aaIMG_4475.jpg aaIMG_4477.jpg

水戸龍は10日目に勝ち越しでこの場所調子が良かったのだが、この日翔猿に敗北。消沈して花道を帰って行ったが、この相撲で怪我をして翌日から休場。勝ち越していたから良かったが、しかし、大勝ちして十両上位に上がるチャンスだったのだが。五月場所で復帰できるのだろうか。

aaIMG_4516.jpg aaIMG_4524.jpg

aaIMG_4528.jpg aaIMG_4534.jpg

aaIMG_4597.jpg aaIMG_4615.jpg

aaIMG_4624.jpg aaIMG_4635.jpg

aaIMG_4637.jpg aaIMG_4639.jpg

aaIMG_4643.jpg aaIMG_4656.jpg

aaIMG_4666.jpg aaIMG_4670.jpg

aaIMG_4725.jpg

打出し後はまた一路新大阪へ。いつも鰻弁当では芸が無いので、この日は和食弁当。これもまた結構。

20180417203928f84.jpeg 20180417203945ae6.jpeg

20180417204006d91.jpeg

まあしかし、新幹線で往復できる距離とはいえ、短期間に二回も大阪遠征はちょっと疲れた。三月場所は鶴竜が優勝。素晴らしい達成であった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する