FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」(元分店)訪問
先週水曜日の夕方、珍しく「新ばし しみづ」から携帯に「本日空いております!」とメッセージあり。急なキャンセルでも出たかな(笑) しかし既にこの日は予定が入っており断念したのだった。

次の木曜日、朝。「分店」が取れた「新橋鶴八」に、今夜空いているかメッセージを送ってみると「今、築地なので後で連絡します」と。昼前にメッセージが来て7時までならとのこと。長居するつもりは無いので、さっさと出してくれれば望むところである。

時間が限られているので何時もより早めに入店。

五十嵐親方が「ブログが炎上してましたね」と笑う。何言ってるんだ、炎上なんかしてないよ(笑) 変なコメントがちょっと付いただけじゃないか。それだって考えてみれば、貴方が喋った「鶴八」が出て行った事情なるものを、聞いた通り書いただけなんだ。そっちの責任だと思うがなあ(笑)

お酒は純米吟醸。銘柄は失念。お酒は最近各種置きだしたのだが、あまり有名な銘柄ではないので記憶に残らない。お通しは鯛の酒盗。

まず白身は鯛とカレイ。鯛は皮目に旨みあり。カレイは大きな個体。ヒラメを思わせるようなネットリした旨み。

アワビ塩蒸しは、房総と三陸産を食べ比べ。房総は身肉の色も明るくクリーミーな旨さがあるが、三陸産はちょっと野趣があるというか、身肉の色も若干濃く、仄かに磯臭い風味がある。この店ではなるべく房総の物を入れるようにしている由。マダカの大きいものも素晴らしいが値段もまた張るのだね。

トリ貝は本年出荷順調だったがそろそろ名残の時期に。まだジューシーで肉厚。アジは鹿児島だという。身は厚くネットリと全身に脂が乗って実に旨い。昔はアジをコハダの替わりに強めに酢〆にしたものだし、最近、「すきやばし」でも酢で〆たアジを出していると聞くから、やってみたらどうかと提案。鶴八流では皮を剥く前に酢をくぐらせるけれど、漬けないのだよね。以前、築地の「つかさ」で夏場によく食した酢〆のアジは旨かったなあ。

カツオは炙った皮目が香ばしく身肉にも上品な脂が乗っている。生姜醤油で食すると旨し。

隣には、大常連O氏。もっともこの日は7時までに退散と決まっているので、長々と付きあわされる事が無いのが助かる。これからこの店には当日予約だけにしよう(笑)

先日訪問した「神保町」の事など。偶には顔出してやるかなどと強がりを言っている(笑)。まあ仲直りしたほうが良いと思うけどねえ。新装開店ラッシュもそのうち引くだろうから、6月にまた訪問するか。

今週、ここに何時も連れて来るアメリカ人弁護士が来日したのだが、今回は新顔のベジタリアンの同僚を帯同。卵と牛乳のみOKだという。事前に「新橋鶴八」でベジタリアン・メニューあるか聞かれたのだが、江戸前寿司屋の玉子は小柱のすり身が入っている。ベジタリアンに食せる物というと、かっぱ巻き、紫蘇巻き、カンピョウ巻くらいだものなあ。

この辺りで握りに。

昼が満席で忙しかったとのことで、握る直前に飯台を出して来て、奥で酢飯を切っている。数分で出来上がったので、永谷園の「すし太郎」使っているのか聞くと「これがキチンと修行した腕なんですよ」と五十嵐親方は威張る。「しみづ」で聞くと、「すし太郎」使ってますと冗談返してくるけれどもねえ(笑)

握りのほうは、イカ、昆布〆、コハダ、ハマグリ、アナゴ。 切ったばかりの酢飯はまだ酢が落ち着いていないかと思ったが、いつも通り固めに炊き上げ、米の旨みが一粒一粒感じられる旨い酢飯である。「すし太郎」凄いな(笑) 

イカも白身昆布〆も、この店の薫り高い酢飯の美味さを堪能できる種。ネットリした肉厚のコハダも鶴八伝来の技。煮物も良い。最後に海苔巻きを半分。鉄火巻なんて要らないなあ(笑)

他所の鉄火巻きを見ていると、赤味からトロまでのグラデーションがイマイチ鮮やかではない。まあ確かにマグロは厳しい時期である。

20180521195745095.jpeg

最後に本日食したもののメモを貰ったが、アジを書き忘れている。パーマンなんか書く暇あったら、付け忘れを無くしたほうがよいと思うがなあ(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する