FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
水曜夜は実に久々、「新ばし しみづ」に。前日に今週来週の空きがあるか電話したら翌日が空いていたのだった。

6時に予約したが、前の予定が早めに終わったので5時50分頃入店。しかしもう既にカウンタには4組5名が居て、握りも終盤、お吸い物が出てる人もいる。一体何時から来店してるのでしょうな。

お酒は冷たいのを所望。お通しはしらすおろし。このしらすが立派で上手い。

奥に立つ弟子の「しみづの錦木」君は、しばらく見ないうちに随分体重を増量したような。本人はあせって「太ってません」と云うのだが、鶴八伝統の体型になってきた気がするなあ。ちゃんこの味が染みてきたんだな(笑)

つけ場入り口側に立つ職人は弟子ではなく、もう一本立ちしており手伝いに来て貰っているだけなので、鶴八体型じゃないんですよとの清水親方解説。

何も言わずともつまみが切られてくる。

カレイはまるでヒラメの如くネットリ脂が乗って旨味が濃い。今月から解禁のアワビは明るいびわ色。海の滋味深し。

カツオはネットリ、モッチリ。薬味醤油で。青葉の時期の江戸を舞台にした歌舞伎「髪結新三」の初鰹は、きっとこんな味だったろう。

トリ貝は甘み十分。そろそろ終わりかと聞くと、舞鶴のトリ貝はこれからどんどん出るのだとか。ただ、ここ数年は大きな個体が無かった由。ここの貝は海底を整備して種貝を撒いている蓄養と聞くが、貝の場合、魚の養殖の如く餌を撒く訳ではない。自然の貝と同じ餌で育つ訳だ。海流やら海水温やらの変化が生育に影響するのだろうか。

アジも身肉が厚く旨味あり。漬け込みのシャコ。お酒もお代わり。ホタルイカのオリーブオイル漬けが。これはイタリアン・バルの一品みたいで旨い。ホタルイカもそろそろ終盤か。

親方が予約の二人客がまだ来ないなと弟子に予約を確認。10分程遅れると電話があったが、もう45分経っていると。次の予約が入ってたりすると困るよねえ。

すると扉が開いてその予約客登場。しかしなんと何も悪びれずに1人だと言う。親方もグッと堪えて飲み物を聞くとお茶でと。おまかせで握ってくれとのこと。しかしこの客はなんと、「僕はなま物が駄目なので火が通したものだけで」とのたまう。

清水親方は流石に憮然として、「それではうちは無理ですよ。どうかお引取りください」と。客は「少しでも火が入ってたら大丈夫なんですけど」とちょっとだけ抵抗したが、やがておとなしく席を立つ。わざわざ寿司屋に予約して入ってきて、なま物駄目って、とんだ珍客がいるなあ。外国人ではなく日本人である。

「せめて予約の時に言ってくれてたら考える事もできますけど、座っていきなり言われたら仕事できないですよ。寿司屋はなま物ばっかりなんですから」と清水親方。まあその通り。しかも、30分以上遅れてきて、2名が1名になって、なま物駄目だというのだものなあ。

その客が去った後、カウンタに残った客と親方で、あの客はいったい何だったのか議論。隣のお客さんによると、「すきやばし次郎」でもカウンタに座り、「なま物は食べられません」と言った客が居たらしいとのこと。

反対側のお客さんの推理では、「何かの罰ゲームで、無理やりやらされているのでは」と。舞台に選ばれた店は大迷惑(笑)確かに入店して来た時から、どうも挙動不審な所があった。割と若い男性だったと思ったが。

私の推理は、「あれはミシュランの調査員で、わざと無理難題言って店の対応を見ているのでは」というものだったのだが、「ンな事ないですよ」と清水親方に一蹴される(笑)

店の電話が鳴ると「おっ、さっきの客の逆襲じゃないか」とか、店中の客が和気藹々で盛り上がって面白かった。時には珍客の来訪も良いものだ。

つまみの続きは、漬け込みのハマグリ。ウニは二種盛りで。最後に何かもう一品所望すると、親方はしばし考えていたが、カラスミを出してくれた。酒に合うね。

この辺りでお茶を貰い握りに。マグロはシットリと旨味あり。塩も酢も厳しく効いたこの店の強い酢飯によく合う。コハダは大きめのものの片身づけと、小さめの個体の片身を二枚重ねたものと。コハダの〆も酢が効いて酢飯との相性が良い。穴子もトロトロに煮あがっている。塩とツメで。最後は干瓢巻を半分。実に充実。

久々に「しみづ」の寿司を堪能。勘定を済ませて外に出ると、女将さんが「今日は騒がしくてすみません」と。いやいや、偶にはあんな珍客が居て盛り上がるのも面白い(笑)

雨が強くなってきたので新橋からタクシー帰宅。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
何度読んでも愉快です。
医師の前に来て「いゃあどこも悪く無いけど先生の顔を見に来た」と
診察料払う方がマシですね。
2018/05/31(木) 21:43:04 | URL | ぱくちい #-[ 編集]
ぱくちい様

コメントどうもありがとうございます。

珍客が去った後、店内は随分と盛り上がり、実に面白かったです。

「しみづ」はお好みでも注文受けるので、普通に寿司が食べられる人と二人で来て、自分は煮物だけ頼むという事も可能だったと思いますが、あれこれ実に妙でしたねw
2018/05/31(木) 22:44:12 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
なま物ではないですけど
以前はちょくちょく行っていた「しみづ」ですけど、近頃はめっきり予約が取れなくなって縁がありません。そういう貴重な席を、件の客はよくも無駄にしてくれましたね。(怒)
しかし、店主も逆襲して穴子10貫くらいずらずら出してみれば面白かったのに、などとも思ってしまいます。
そういえば、なま物ではないですけど、次郎に行ったときに、息子さんから「苦手なものはありませんか?」と聞かれた隣の客が「マグロが食べられません」と答え、一瞬店の雰囲気が固まった、という経験があります。
2018/06/01(金) 12:39:06 | URL | 九州人 #mQop/nM.[ 編集]
そうなのですよね。

私も当日ではまったく予約取れないですから、2名で予約して45分遅れて、現れたら1名で、なま物駄目ですは、何考えてんだと言う事ですよねえ。店に与えた機会損失は大きいです。

「すきやばし」でも、やはりそんな客がいますかw

昔、上野毛にあった頃の「あら輝」に若いカップルが来て、親方が苦手を聞くと女性が、「マグロと貝類と光り物が駄目なんです」と言われて荒木親方は絶句していました。大技をほとんど封印されて、一体どうやって客を感心させるかw

その後、連れの男性は荒木親方と会話して一生懸命ご機嫌とってましたが、女性は連れとも親方とも一切口をきかず。デートの場所を、取り返しがつかないほど間違えたんですねえw
2018/06/01(金) 23:40:33 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する