FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
神保町「鶴八」訪問。
今週月曜日は久々に神保町「鶴八」。午後に電話すると「鶴八歳後の弟子」君が出る。今週入れる日があるかどうか聞くに、「いやいや今日だって入れますよ」というので当日訪問。

神保町の駅からA3出口を出て、カレー屋を通り過ぎた次の通りだと思っていたが通りが無い。カレー屋の所を曲がらなければいけなかったのだった。しかし駅から近いね。

6時頃に入店すると私が一番乗り。この日は7時頃から何組か入っているだけ。サッカーW杯の影響で外食する人が少ないのではと石丸親方。

他にお客さんが居ないので、しばし、石丸親方、女将さん、お弟子さんとあれこれ雑談しながら。W杯日本―ポーランド戦について、この日の夜だったか明日の夜だったかの話に。もともと夜中の3時からでは、起きて観戦するのは諦めていたので覚えてなかったが、事前に番組表から予約だけはしてある。結局、この日の夜であることが判明(笑)それで結構客が少ないのかね。なんでもここの常連で、今大会全ての日本戦を観戦にロシアにその都度旅行している人が居るそうである。お金も時間もあるんですなあ。

時の経つのは早いもので、新橋から神保町に移転して3ヶ月。常連のお客さんは二順目、三順目の訪問になってきたが、やはり顔を見せなくなったお客もあるという。JRで来ていた人にとっては不便な場所になっただろうか。「その分、きっと新橋鶴八が繁盛しているでしょう」と石丸親方。予約取れないくらい繁盛しているらしいね。もう行けないなあ(笑)

カウンタに置かれた飲み物メニューには、「日本酒 菊正宗ほか」となっているので、他に何があるか伺うと本日は「田酒」。青森のお酒。爽やかな酸味。お通しはハマグリの柱漬け。

ツマミはまず星鰈。当りの強い旨味。マコカレイとヒラメの中間くらいの味がすると親方。

塩蒸しも立派な身で旨味が濃い。アジもつまみで。肉厚でネットリとよく脂が乗っている。旨みあり。

漬け込みのハマグリもつまみで。本日は後の時間を気にする事なくのんびりと。芋焼酎の水割りも一杯貰ったり。

ニュー新橋ビルよりもこちらの店のほうが小体な感じで、まだ慣れていないが落ち着くような気がする。カウンタ7席というサイズもあるだろうか。つけ台は前の年季が入った物を削って白木の目地を出したと前回聞いたが、既に入り口近くのつけ台の色が変わりつつある。前の店では奥の方から濃い色になっていたが、この店では入り口近くのほうが、席と後ろが広いので、よく使うのだそうである。

そろそろ7時からのお客さんが入って来たのでお茶を貰って握りに。中トロは脂の多い部分。コハダは、片身づけ。いつも通りネットリとした旨味。アナゴもトロトロで米の旨みを残した酢飯に溶け崩れる。最後の干瓢巻は、「鶴八歳後の弟子」が巻いてくれる。最近、巻物は弟子にまかせているのだそうである。「神田鶴八鮨ばなし」を思い出して、「大丈夫か、腹切りになってないか」と海苔の合わせ目をチェック(笑) まったく大丈夫であった。

のんびりと飲んで食して満ち足りた気分で店を出る。またすぐに来よう(笑)

201807040900108a8.jpeg 201807040900305b9.jpeg


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する