FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
台風前に「新ばし しみづ」訪問
連休直前の8月8日水曜日は「新ばし しみづ」訪問だったのだがバタバタして書き忘れていた。備忘のために記録を。

当日は足の遅い台風が接近してきており、金曜の朝には関東直撃ではとの予報。この木曜朝は、会社の定期健康診断で病院へ。MRIによる脳ドックなるものを申し込んでいたので、去年より時間がかかる。しかしガンガン、カンカンと工事現場のような音がやかましい。胃カメラも二度目だったので検査には慣れた。その場で潰瘍もガンも無いと告げてくれるのは助かる。

風が強くなり、不気味な空から雨がパラパラ降ってきた中を会社に。2時からはまた外出。タクシーをつかまえる為にちょっと早めに出たが、台風の接近に伴い風雨は段々強まっており、早めの帰宅をする人が多いのか、交差点でもなかなか空車が通らない。地下鉄で行くかどうか迷いながら待っていたが、なんとか間に合う時間に空車発見。

出先の会議は夕方5時過ぎに終了。外に出ると風雨は、若干ではあるがビルに入った時よりも不気味に増大している。徒歩でも帰宅できる場所だったのだが、タクシー止めて新橋に逆戻り。台風が接近中なのに何やってんだという話だが、久々に「新ばし しみづ」を予約してあったのだった。その時は台風の事は全く念頭になかったな(笑)


電話入れてちょっと早目に「新ばし しみづ」入店。6時前だが、カウンタには客がもう随分と入っている。皆一体何時に仕事終わって来てるんでしょうな。

清水親方に、台風でキャンセルあったかと聞くと「別に無いですね」と通常営業。迂闊にキャンセルしなくてよかった。しかし、市場での仕入れは大変だとのこと。この日より週末にかけてが更に大変じゃないですかねと。お盆の市場休みにも突入する。寿司屋殺しの台風である。今年はお盆に連続休み取るとの事であった。

お酒を常温で頼んで、お通しは枝豆。香りがなかなか良い。いつも通りつまみが見計らって供される。

白身はヒラメ、やはり魚が無いのが響いてるか。一枚ならあっても使う量からするとそれでは足らないものねえ。タコはもう大分残り少なくなったとのことだが身肉には旨味あり。アワビ塩蒸しは房総の立派な個体。海の滋味を凝縮したかのような。カツオ背の身は辛子醤油で。辛子で脂が飛んで旨味が立つ気がする。

鳥貝もまだ立派なものが。舞鶴産かな。あっさりした漬け込みのシャコ。アジはいつもよりやや小ぶりの個体。漬け込みのハマグリは鶴八伝来の仕事。
ウニもつまみで。

この辺りでお茶を所望して握りに。これも特に注文しなければ、いつも通りのものが出てくる。最初はマグロ2貫。中トロの部位。夏のマグロで脂は薄いが旨味はきちんとある。コハダは一匹丸づけサイズ。いつも通り、かなり水分を飛ばすまで締めて酢も効かせた「しみづ」独特のコハダ。鶴八流よりも厳しい締めが特徴。アナゴも2。トロトロでこれは鶴八伝来の仕事。カンピョウ巻半分で締め。何時もながらの「しみづ」の寿司を堪能した。

女将さんの見送りを受けて店を出ると、幸運にもまだ風雨は悪化していない。早々にタクシー帰宅。この日は、台風前の不穏な空の下、朝から移動続きでバタバタした日だった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する