FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、八月納涼歌舞伎、第二部を見た
お盆休みの連休二日目は、歌舞伎座の八月納涼歌舞伎、第一部と第二部を続けて。三部制なので普通興行の昼夜を通すよりも時間は短いが、やはり注意力が持たない気がする。ただ第二部のメインは、

市川猿之助 演出・脚本の「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」という新作のドタバタ喜劇だけに、気楽に見物できて助かった。

幸四郎と猿之助がコンビを組む「弥次喜多」は今回で三作目。猿之助の喜多八が亡くなって幽霊として登場するということもあり、おそらくシリーズはこれで最後だろう。

金ピカのラスベガスへの旅行、スポットライトの中でダンスしながらの主人公紹介など、歌舞伎を超越したケレンに溢れ荒唐無稽な前作までとはちょっと雰囲気が変わり、今回は割と歌舞伎風味が色濃く出ている。

籠釣瓶花街酔醒をモチーフにした設定では猿之助が女形として登場。目まぐるしい早変わり。大勢での所作立て、だんまり。歌舞伎により近づいて、しかし歌舞伎のケレン味が増している。

弥次喜多と対になるコンビが、幸四郎と中車のそれぞれ息子、染五郎、團子であるというのは前作までと同様だが、地獄の閻魔役を右團次が演じる場面では、息子の市川右近が登場。閻魔大王がスマホを出して、息子が台詞を述べ見得を切る場面で、満足気に見てフラッシュ炊いて写真を取るなどという楽屋落ちの場面も随所にあって観客を笑わせる。

早変わりが多いので役者も大変だが、大勢出る場面で、珍妙な顔の中車を振り返った獅童が大笑いして、台詞が満足に言えない状態に。花道でも「ちょっと見てよ」と前の役者の肩を叩いて促すなど、和気あいあいと気楽にやっているのが分かってそれもまた面白い。

最後は歌舞伎座初という、幸四郎、猿之助、染五郎、團子の4人同時宙乗り。あのケーブルは何人まで支えられるのかね。

大詰めの舞台側では、門之助演じる基督のタガの外れたキレっぷりがなかなか面白かった。

第二部の切りは、舞踊劇「雨乞其角(あまごいきかく)」

俳人の其角が雨乞いをすると雨が降ったという逸話を背景に、隅田川の其角の船、お大尽の賑やかな太船、土手の雨乞いの場と美しく場面が転換してゆく。

洒脱な二枚目として其角を演じるのは扇雀。15分程度の短い舞踊劇だが、歌昇、虎之介、新悟、廣松、橋之助、福之助、歌之助、鷹之資、などなど若手が大挙して踊るので、実に賑やか。ただ興行的には三部にそれぞれ演目を詰め込みすぎなので、無くてもよかったような気もするなあ。

この後、銀座「鮨 み冨」訪問したのであった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する