FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
久々に「新橋鶴八」訪問。
水曜の午後、「今日は空いていますよ~!」と「新橋鶴八」から携帯にショートメッセージあり。珍しいな(笑) そういえば随分と行っていない。「じゃあ行くよ」と返事を打ったが、よく考えると、水曜は魚河岸が休みだし、その前は日本中巨大台風だった。普通こんな日に寿司屋行かないよなあ(笑)

しかし6時にお待ちしていますと返事があったので、行かないわけにもなあ。ということで仕事帰りに入店。棚にカバンを置こうとすると、前でモタモタとカバンを開けている爺さんあり。早くしてよと思いつつも辛抱強く待っていたら、振り向くと大常連のO氏であった(笑)

喉の調子が悪く風邪気味なのだが、カウンタに座ってまず加賀鳶を一杯。お通しは酒盗。なんで空いているのか聞くと、西日本から来るはずだった客が台風の関係でキャンセルになったのだとか。やっぱりなあ(笑)

大常連O氏は「出禁」がなし崩しに解けて神保町「鶴八」にも出入りしている模様だが、まだ遠慮があるのか自分一人では行けず、誰かに予約してもらって連れて行ってもらっているらしい。面白いね。

五十嵐親方が、銀座新富寿司の職人が独立した銀座「鮨 み富」を訪問した話などしていると、なんとO氏も連れと一緒に訪問したとか。まあ、仕事は店によりあれこれ流儀ありですな。

おまかせでつまみを。まずヒラメ。なかなか立派な個体。塩蒸し。カツオは生姜醤油で。ネットリとした身肉で旨みが強い。サバも旨味あり。漬け込みのシャコも。

文藝春秋9月特別号、「50年後の ずばり東京」連載にニュー新橋ビル特集があり、「新橋鶴八」のインタビューが掲載されていた話についても親方とあれこれ。

ウニと鉄火巻の大盛りについては、
「隣に本店があったから、両方に通っていただいている常連さんが”向こうより少ない”って冗談を言うんです。他のお客さんは本気にしちゃいますからね。それで張り切ってお出ししているんですよ」

と書いてあった話など。そう、この常連というのは私の事なのであった(笑) 私自身は、この店でウニも鉄火巻も注文しないが、他のお客が注文して五十嵐親方が作り出すと、石丸親方はもっと山盛り入れていたがなあと、何時も冗談を言う習慣。盛りが良いと何時も頼むお客さんには感謝してもらわねば(笑) まあ、赤字であるとの事であったが。

握りも、頼まないのに1貫ずつ適当に出てくる。まず新イカ。1匹丸づけの大きさ。まだスミイカ独特の食感はないが、爽やかな甘味と香り。良いね。お酒はおかわりして、今度は「北島」という銘柄。どこの酒だったか。その後で芋焼酎の水割り一杯。

昆布締め。コハダはもう結構肉厚になった。鶴八独特のネットリした肉質。酢飯の具合も良い。マグロ漬けも一貫。漬け込みのハマグリ。

もう新イクラが出ているとのことで、軍艦巻きで一貫。爽やかな甘味あり。最後はカンピョウ巻で〆。

201809061939453d9.jpeg

食したものを記したメモを貰ってお勘定。風邪薬を飲んでいたので予想外に酒が回った。タクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する