FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、秀山祭九月大歌舞伎、昼の部
大相撲九月場所が千秋楽を迎えた次の祝日、歌舞伎座にて「秀山祭九月大歌舞伎」、昼の部を。大相撲本場所観戦の時は、大概日中から飲みながら観戦しているので、千秋楽の次の日に観劇というのも結構疲れる。

20181003201837705.jpeg

予約も大相撲チケット取りにかまけて、ゴールド会員発売日を忘れていたので、いつもの一階ブロックが取れず、今回は二階席正面から。オペラグラスを持ち込み。

201810032019020ee.jpeg 201810032019316ab.jpeg

最初の演目は「祇園祭礼信仰記 金閣寺(きんかくじ)」。「三姫」と称される女方の大役、「雪姫」を児太郎が初役で務める。病気療養中であった父親の福助も同じ演目の最後に登場。

児太郎は、柔らかで気品ある美しさ。縄で縛られた姿も印象的に成立している。若手の女方の中では頭一つ抜けた感あり。親父さんもなんとか復活。白塗りで動きも無いので回復度合いは分からないが、声はちゃんと出ている。右手はただ使えてないのではないか。とはいえ、歌右衛門襲名直前であった親父さんが、健在でまだ睨みが効くうちに、良い役をどんどん得て、先輩に教えを請うて、伸びて行かないと。人生の時間は何時でも短い。

江戸時代の興行から、二層になった金閣が一層分沈むというアイデアのセットだったらしいが、当時の観客は度肝を抜かれたろうなあ。まさに絢爛豪華。歌舞伎座二階から観ると、とてつもなく大量に降り積もった桜の花がまた美しい。前に一階で見た時は気付かなかったが、足であの桜の花でネズミを書いている訳なんですな。

松緑の松永大膳は怪異に大きくも舞台に映えてはまり役。梅玉の「此下東吉実は真柴久吉」も、扇子を広げる様子が実に目出度く、これも間然とするところのない適役。幸四郎はこの演目を含む昼の部3つ全部出て、夜の部の舞踊にも出るという働きぶり。元気者ですな。

二つ目は、能に題材を取った「鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)」

松羽目の松に紅葉をあしらった背景。鳴り物と竹本と常磐津、大薩摩のかけあい。幸四郎が女方で鬼女を演じるというのが面白い。鬼女の侍女として、高麗蔵、米吉、児太郎、宗之助が出て、賑やかに踊るのだが、鬼女になってからは、誰が誰やら分からないのだった。

幕間は、三階の花篭食堂で芝居御膳を。

20181003201957265.jpeg 2018100320202656e.jpeg

〆の演目は、天衣紛上野初花 「河内山(こうちやま)」

吉右衛門が河内山宗俊を実に上機嫌でやっているような印象。

「河内山」は、以前、海老蔵で観た時は、いかにも「昨日覚えました」感がある上滑りするペラペラした台詞が気になって、いったい何が面白い狂言なのかと思った。ただ、河内山の胡散臭さだけは伝わった。

しかし、吉右衛門で観ると、これはこれで、江戸の庶民は河内山の活躍を見て、実に痛快だったろうなあと得心がいって、実に面白かった。役者の力はエライもんですな。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する