FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座 「鮨 み富」訪問
先週木曜の夜は、銀座「鮨 み富」。若干遅めの時間に入店。カウンタには他に3名のお客が居て、仕事関係らしく、ずっと男の井戸端会議みたいな話をしている。

季節の酒から、冷おろし二種を飲みつつ、おこのみで。お酒は酒屋が持って行くお勧めリストから、常備の酒とのバランスを考えながら、かつ自分の寿司に合う酒を選んでいるとのこと。

まずつまみを切ってもらう。 白身はヒラメ。 次にブリ。まだ走りで北海道で上がったもの。これから南下して、一旦脂が落ちてからまた能登半島辺りに来ると旨味が増すとか。

小柱もつまみで。青柳の貝柱なのに、風味と癖はずいぶん違う。煮アワビは、新富寿し伝来の煮貝のような仕事。「新富」時代よりも若干立派な物を入れている。味はあくまでも酢飯と一緒に食べるほうに合わせてあると。肝も添えて。

景気を聞くと、お客は着実に増えているとの事で結構な話。

旧「銀座新富寿し」の常連客が、「新富寿し」が何時まで経っても営業再開しないので、ネットで調べてこの「み富」を見つける例も結構あるとのこと。中には「新富」に来たら閉まっていたので近くを歩いていたら、道路からこの店にいる三橋親方の顔が見え、ネットで店名を調べて電話かけて来た客もいたとのこと。まあ、私にしても、「新富」がずっと閉まっているのでネットで検索し、三橋親方のtwitterを見つかったのだった。ネットができて世の中便利になったなあ。

握りはヅケ、中トロ、タコ、秋刀魚など。最後にカンピョウ巻。

酢飯は最近流行りの赤いものではない。もっとも酢はミツカンの優選で、「新橋鶴八」の五十嵐親方が来た時に聞いたら、酢は同じだったとか。赤酢ではあるがあまり色がつかない酢。酢飯は軽めで握りは若干小ぶりなもの。

新富から受け継いだ仕事も、更に見直しをかけているとのこと。三代目の現社長は、やはり世の流れが気になったかちょっと日和って、穴子などは味を薄めにしたのだが、初代の穴子はもっと味が濃かったとのこと。穴子については、昔の味を復活させたいとのこと。

銀座新富寿し伝来の仕事を更に磨く。コースでもおこのみでもいずれにも対応できるし、勘定もリーズナブルで、誠に使い勝手の良い店である。10月は、築地が豊洲移転で閉まった後も、8日までしばらく営業するが、さすがに9日から11日まで休業。休み中に店の内装に少し手を入れる予定だと。12日の夜から営業。








関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する