FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」、築地市場移転前の訪問。
金曜は「新橋鶴八」訪問。 ニュー新橋ビルの「元分店」。 なにかこう、「新橋鶴八」というと、やはり神保町に移転して、前の本店を思い出してしまうよなあ。前の場所はどこか新しいテナントが入って、開店準備中らしい。もちろん飲食店だろうが、何の店だろう。

そもそも水曜の朝に「新橋鶴八」に、今週空いているかどうかSMSでメッセージ打ったのだが、返事が来ない。そこで神保町の「鶴八」に電話かけるも誰も出ない。どうするかなと思っている午後に金曜なら空いていると「新橋鶴八」から返信があったのだった。

神保町「鶴八」からは翌日に女将さんから返電あり、水曜は定休だったのだが、木曜は空いているとのことで既に訪問。期せずして、築地の移転前に鶴八系を2日連続で訪問することになった。

入店すると、既にカウンタ奥には、大常連O氏がトグロを巻いている。当然ながら隣に案内される。ウンザリだなあ(笑)

銘柄忘れた純米吟醸の冷酒を貰って、O氏とあれこれ話しているうちになんとなく始まっている。右に一席離れたカウンタには見知らぬ爺さんがいたのだが、これが「常連面をして親方を独占して大声で喋り続ける」タイプ。これがいると他の一見客が迷惑なんだ。石丸親方が一見強面だったからか、昔の本店にはこんなタイプあまり居なかったが。

お通しは酒盗。 つまみは、まずヒラメ。大型の身をちょっと寝かしてあるのか、ネットリした旨味あり。

皮目を炙ったカツオは生姜醤油で。旨味あり。

最近、連れ立って神保町「鶴八」にも行ってるらしいじゃないですか。とO氏と雑談。石丸親方は、「あの人はああ見えてシャイだから、まだ一人で来れないんですよ」とのコメントを伝えると、O氏は、「何いってやんだ。江戸っ子はみんなシャイなんだ」と。年取ってから行き違いがあると修復も大変ですな(笑) まあ「今度一緒に行こうよ」との話になったが、こっちは別に一人でも行けるしなあ(笑)

塩蒸しもきちんと風味と旨味があるが、そろそろ季節は終わり。 神保町は冬場に三陸の黒アワビを使うが、ここは使わない。

この週末に閉まって豊洲移転する築地市場の影響は既に出ており、魚の入荷も少なくなっているとのこと。台風は何度も来るし、市場は移転するし、寿司屋泣かせの年である。

サバはしっかりした〆だが甘みあり。赤貝もつまみで。漬け込みのシャコも、鶴八伝来の仕事。ブリも癖のない脂が乗る。

この辺りで握りに。 コブ〆は上品な昆布の風味。コメの甘味を残して、堅めに粒の立つこの店の酢飯によく合う。ヅケ、中トロ。

ブリも一貫。 イクラは軍艦巻き。皮目の硬さなく、旨味が口中で溶ける。 漬け込みのハマグリは鶴八伝来の仕事。アナゴも何時もながら旨い。最後はカンピョウ巻で〆。

この店は市場の豊洲移転後1週間お休み。神保町も関西に旅行すると言っていたっけ。メモを見ながら「今日は随分食べましたね」と五十嵐親方。いや、こっちは何も注文してないんだ。O氏があれこれ話するので付き合っているうちに、そっちが出しただけなんだよなあ。ともあれ、何時もの寿司屋滞在時間を超えて長居してしまった。

201810081253303cd.jpeg






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する