FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「芸術祭十月大歌舞伎」、夜の部
先週土曜日は茨城で仕事関係のゴルフがあり、その後で会食もあるというフルコース。飲んだ後に常磐線特急で東京まで戻り、帰宅したのは9時過ぎという大消耗した一日。次の日曜日は、歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」夜の部を観劇。十八世中村勘三郎七回忌追善公演。

20181015152430b17.jpeg 20181015152450c7c.jpeg

20181008140850c6b.jpeg

チケットを取る時に、最初に昼の部を取るのに時間を費やしたのが敗着。夜の部を押さえる時には、既に土日一階のA2、A3ブロックは全て完売に。仕方ないので花道と西の桟敷の間にあるA1ブロックを選択。通称「ドブ」というそうであるが、なかなか言いえて妙な気がする。

しかし七三での見得は迫力あるし、「宮島のだんまり」でも「助六」でも花道の演技は、すべて東側を向いている訳ではないので、これが結構見応えあり。

最初の演目は「宮島のだんまり(みやじまのだんまり)」

「だんまり」というのは、周りが真の闇だという想定で、実は明るい舞台の上で俳優たちが手探りで目を凝らし、暗がりで回りを確認する風情でゆっくりと動く、歌舞伎独特の演出。俳優をゆっくり見せる意味もあって、豪華な配役の時など面白いのだが、「だんまり」だけで独立した作品になっているものが何本もあるというのはイヤホンガイドの解説聞くまで知らなかった。

宮島を舞台に、大勢役者が現れて錦絵のよう。ぶっかえりの衣装替えもあり、実に賑やか。まあ、ゆったり賑やかにやる演出法。萬次郎が侍の役というのも珍しい。巳之助は、夜の部3本全部出演という大忙し。

扇雀が傾城浮舟太夫実は盗賊袈裟太郎という男女二役。花道、幕外の引っ込みでも、上半身は荒事の六法、下半身は花魁の歩く姿という「傾城飛び六法」という珍しい型を見せる。衣装も独特。

20分の幕間を挟んで次の演目は、「義経千本桜 吉野山(よしのやま)」。

満開の吉野桜を背景に静御前と狐忠信主従の道行きを描く華やかな舞踊劇。玉三郎が静御前、勘九郎が狐忠信。狐忠信は、十七世も十八世もよく演じた役。

忠信、すっぽんからの登場は、間近で見たので迫力あり。勘九郎は、キレのある達者な動きに、狐であるが静御膳を警護役であるという芯が感じられる印象的な出来。巳之助の早見藤太。軽妙でコミカルな役をやると、この人は舞台で映える気がする。玉三郎は凛として、かつ艶やかに美しく、気品を持って舞台で輝く。勘九郎を引き立て、良い追善になった。

ここで30分の幕間。花篭食堂で「芝居御膳」など。


20181015152522420.jpeg 20181015152507fdf.jpeg


最後の演目は、「助六曲輪初花桜(すけろくくるわのはつざくら)」

成田屋の家の芸で、成田屋がやる時は、三味線浄瑠璃は「河東節連中」、外題も「歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」となるが、他の役者が助六を演じる時は、題名も浄瑠璃も違う。

十八世中村勘三郎自身は「助六」を演じた事はなかったのだが、仁左衛門に「やる時は教えて」と頼んでいた由。仁左衛門は20年ぶりになる歌舞伎座での助六を、旧友の息子である勘九郎に伝えるために演じ、七之助を相手役の揚巻に抜擢して経験を積ませようとしているのだろう。

仁左衛門の助六は、出端から鮮やかで堂々たる色男ぶり。そして艶がある。助六を演じる役者として最高齢だと聞いたが、美しく色気のある見事な助六。しかし今回で演じ納めか。

勘九郎の白酒売りは、18世勘三郎を彷彿とさせる愛嬌。意休は単なる悪役ではなく、堂々たる風格の侍でもあるのだが、歌六の意休もなかなか立派である。

七之助の揚巻は、初役だが、傾城の堂々たる風格と煌いた美しさを体現して、見事に成立している。児太郎の三浦屋白玉も良い。くわんぺら又五郎は、小悪党の滑稽な憎々しさをきっちり演じている。弥十郎通人が股くぐりして、勘三郎への追善の台詞を述べると客席は暖かい拍手に包まれた。

追善にこれだけの役者が揃って二人の息子を支える。誰からも好かれた十八世中村勘三郎の人徳。仁左衛門の姿を目に焼き付けて、いずれ勘九郎は、親父が演じる事のできなかった助六に挑戦する事になるだろうと感じさせる印象的な舞台。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する