FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座「鮨 み富」訪問。
木曜の夜は、銀座「鮨 み富」。

当日電話したが直ぐに席が取れた。入店すると先客1名のみ。静かな夜。

「おとなの週末」鮨特集に掲載されていたねと言うと、その前に「婦人画報」に店紹介が載ったのだとか。記事を読んで来訪したお客さんがカウンタに二組並んだ事もあったとか。大阪から歌舞伎を観に来たというご婦人客も居たと。「新富」もそうだったが、この店も昼から通しでやっており歌舞伎の合間に寄るには便利。寿司の新店は話題になる。最初に客を掴むのが重要だよね。

20181026102816d74.jpeg

店内には後ろに棚が新設。窓ガラスの下部にスクリーンが張られている。外が見えるのは、カフェだってそうだが開放的で良いと思うが、下から見られるのを嫌う人もいるからなあ。そのうち竹をあしらった飾り窓のようなものにするかもと。

つけ台の内には舎利櫃と海苔を置く台が新たに置かれて、中の使い勝手も良くなった。これからも店内細部の改善が進んで行くのだろう。自分の店だと常に改善を図る気になるよい循環。

お酒は山形の純米冷やおろし。

つまみで、まず白身。ヒラメは上品な脂。ブリはまだ北海道。腹上一番、背の部分。塩蒸しアワビは肝を添えて。小柱を頼むと、「海苔かけますか」と聞いて小鉢に持って海苔をふりかける。海苔は小柱と合うんだよなあ。柔らかく煮上げたタコもつまみで。

「新富」時代は社長が仕入れについては熱心で、休みの日にも築地に出向くほどだったが、残念ながら客足が芳しくなく回転が悪かった由。仕入れについては、三橋親方もまだまだあれこれ開拓中で、色々と考えているのだとか。「新橋鶴八」と、シャコやアワビが伝票見ると同じ仲買だったとの事。仲卸も良い店に大体集まってくるのだろう。

お隣のおまかせコースでは、車海老の立派なものを茹で上げで出す。 はて、「銀座新富寿し」でも茹で上げの海老があったのかと問うと、実はつけ台のガラスケースには出していなかったが、活車海老を常に入れて、茹で上げで供していたのだそうである。種札も無いし、社長は客に特段何もお勧めしないので、知っている客だけが頼んでいただけだとか。もったいないなあ(笑) 「み富」でも、生けの車海老を入れていると知ってもらうために、おまかせに入れて宣伝しているとか。

最後のほうの「新富寿し」では、社長の前に座ると、のれそれなどのお通しが出る事があったが、これも雇われの三橋氏には、何も言わないのでやらなかった由。昔はそんな事なかったが最後のほうは、「佐島の鯛でございます」とか一言ある場合もあったが、三橋親方によると、仕入れたモノの産地も教えてくれないし、客に言うようにも指示しないので、三橋氏は黙って居たとか。経営者としてはあまり熱心な人ではなかったな。

握りは、昆布〆、コハダ、イワシ、サバ、ハマグリ、アナゴ。最後は甘辛のカンピョウがぎっしり詰まった海苔巻きで〆。

新富寿し時代の事や、三代目の親方の独特の変わった性格やエピソードは、いつ聞いても面白いなあ(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する