FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
久々に「新ばし しみづ」訪問。
火曜日の夜は「新ばし しみづ」。たまたま今週は割と予定が自由になるので、どこか空いた日があれば訪問しようと電話してみると、当日入れるとのことで早速予約。

随分久しぶりで懐かしさを感じるほど(笑)清水親方によると、あまり先の予約を取らずに当日枠も残してあると。先の予約ばかりで満員続きだと、キャンセルも出るだろう。寿司屋は、やはり当日電話してフラっと入れなければ。

今週から環状2号が通れるようになって、豊洲行きは楽になったらしい。バイク置き場は月極め料金制の場所が一杯で、臨時の所が開設されたらしいねと聞くと、「スーパーに買い物に行くんだって駐車場タダですよ。市場に買い物に行って駐車料金取るなんて、あんなもの誰も払いませんよ」と清水親方。築地では発泡スチロールのトロ箱も好き放題に捨てる人も居たが、拾って行く人もいて、そんな風にうまくリサイクルしてのだが、あまり綺麗な場所だと調子が出ないのではと。

「サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う」を読んでも魚河岸は鉄火な場所。今後の運営にも大分問題が出そうだな。

つけ場奥で、洗い物やお酒の準備などしている「しみづの錦木」は、ちょっと頬がこけて錦木らしさが薄れたなと思ったら、歯の具合が悪くて2週間流動食だからですよとの由。大変ですな(笑)

「笹田」や「神保町鶴八」「新橋鶴八」の話などしながら始めてもらう。お通しは、なめこおろし。お酒を常温で所望。球形の結構大きな徳利。1.3~14合くらい入るのではとのこと。なら2本が限界だな。

何も言わずとも、見計らってつまみが供される。まずヒラメ。肉厚で上品な脂。昆布〆の甘鯛も一切れ。水分が随分抜けてネットリとした旨味。タコは頭の部分と足と。スミイカは、細かく包丁を入れて。

蒸した牡蠣は塩味に乗った旨味が素晴らしい。サバもだんだんと冬の脂が乗ってきた。漬け込みのシャコ。ブリは軽く煮切りを塗って炙り、辛子を添える。まだ北海道かな。

小柱、青柳、ミル貝、漬け込みハマグリと貝類を少しづつつまみで。小柱と青柳はやはり同じ貝とは思えないほど風味が違う。

ウニとイクラをぐい呑に盛り合わせて。エゾバフンウニの爽やかな旨味。

この辺りでお茶をもらって握りに。握りは、ブリを1貫。マグロ中トロの部位を1貫。シットリしたマグロがここの強めの酢飯に良く合う。コハダは何時もより軽めの〆に思えたが肉厚で旨味あり。アナゴは塩とツメと。これもトロトロ。最後はカンピョウ巻を半分。

先に食べ終わって勘定を終えた隣のカップルの、知らない男性が話しかけてくる。私の名前を挙げて、何時もブログを読んでますと。寿司屋は常連を名前で呼ぶし、話題からでも分かってしまうけれどねえ。

寿司日記だけではなく、大相撲の記事も歌舞伎観劇の記事も読んでいるんです、旅行記もいつも読んでますとエラク熱心に、本ブログのファンであることをアピール。「この前は盛岡行かれてましたね。その前は愛媛」と、確かに良く覚えている。 寿司日記だけ読んでいる人がいるのは知っているが、こんなに他の記事も丹念に読む熱心な人は実に珍しい。

しかしこの「ブログ・ファン」氏は、勘定が終わった後、あまりに熱心に話し続けたため、連れの女性から、「まるでストーカーじゃない。もう行こうよ。そっちの人も引いてるよ~」とイエローカードを出される。まあ、寿司屋で声かけられるのは、たまに事なので、引いてはいないけれども(笑)

去り際に、最後にお願いがあるのですとこの男性。 「変なファンに会った、でも結構ですから、 とにかく1行だけでも私の事をブログに書いてくれませんか」 との」こと。実に貴重、奇特なブログ読者の方であるから、要望を聞くにやぶさかではない。

という訳で、そんな人に会いましたと、特記するのであった(笑)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わぁ…
最後に東京行ったのは三十年近く前なので次に生きてる間に行けるかどうか分かりませんが,horiucciさんの行き付けのお店はチェック済みですので,私もお会いしたら(還暦過ぎの爺さんですが)同じことやっちゃいそうですねぇ。その時はお手柔らかにお願いしますw
2018/12/08(土) 05:30:41 | URL | Jack #AIlHpmOk[ 編集]
機会がありましたら是非、東京の江戸前寿司にもお運びくださいw なんだったらご案内しますよ。

この時「しみづ」で声をかけてきた男性は、「しみづ」が同じく経営する向かいのバー「P.M.9」に年間100回を目指して通っていると清水親方に先週聞きましたが。もっとも「しみづ」本体には年間254回訪問したという、最多記録保持者Fさんがいるのですが。はは。

私も毎年、大相撲大阪場所遠征ではミナミ近辺に行きますので、そちらでもお会いするかもしれませんね。
2018/12/09(日) 22:17:42 | URL | Y. Horiucchi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する