FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部
すっかり忘れていたのだが、今月4日の日曜、歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部を見物したのだった。

20181119171112323.jpeg

最初の演目は、「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」

吉右衛門と菊五郎の同じ演目は前にも見た。15分の短い演目であるが、最初の5分は大薩摩の演奏であるから、わずか10分程度。しかし満面の桜の中、絢爛豪華な南禅寺の山門がせり上がり、吉右衛門と菊五郎が上下に分かれて対面する。吉右衛門圧巻の台詞回し。錦絵のような豪華さ。歌舞伎の様式美に溢れた舞台。

夜の部、大幹部はこれで退場。その他の演目では全体に座組が軽い気もするが、浅草では平成中村座、南座でも顔見世、博多座でも花形歌舞伎、国立劇場でも大岡越前と、歌舞伎役者もあちこちに散っているから、まあ大変なんでしょうな。

次は短い舞踊劇、「文売り(ふみうり)」。雀右衛門が、恋文売りに扮して、せりふと清元のかけあいで人物を演じ分けるというのだが、当方に素養が無いもので、一体どうやって人物が演じ分けられているのだが、あんまり良く分からないのであった。興行的にはもうちょっと他の演目もあったんじゃないかな。

夜の部メインは、猿之助が主演を張る、「隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)」、いわゆる「法界坊」。

有名な演目でもあり、多くの役者が演じているから、それぞれの家でも練り込まれた演出があるようだ。今回は澤瀉屋版。

猿之助の法界坊は、勘三郎版も思い出す、憎めない軽妙な小悪党。だが、考えてみると、実際には殺人も辞さない凄みのある大悪党のはず。もっとも「加賀鳶」の道元もそうだが、人を殺す極悪坊主であっても、歌舞伎で人気の役になると、やはり憎めない軽妙な面が強調されてゆくのだろう。

猿之助の楽屋落ちなどの笑わせる部分を見ていると、時折、中車が演じてるのかと思う錯覚が。親戚だけに、声や仕草が結構似ているもんだなあ。

法界坊というのは、あのキャラがしっかりと確立しているので、結構、中車がやっても大丈夫な気がする。歌舞伎ではさんざん汚い爺さん役の経験も積んだ訳だし。まあ、大役でもあり、やりたくともやらせてもらえるかどうかは別だけれども(笑)

霊となった法界坊の舞台上での宙乗りがあるのはやはり澤瀉屋流。舞踊「双面」では、法界坊と野分姫の霊を猿之助が一人で演じ分ける。女形もやる猿之助ならではの凄みあり。なかなかおもしろかった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する