FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座「鮨 み富」
先週の火曜日は、会社出てから電話すると空いているというので、銀座「鮨 み富」訪問。

入店するとまだ先客なし。今夜は他には8時の予約が一組とのこと。年末は忘年会など多いから、平日は個人客や接待が減るのでは。

昼から通しでやっており、土日は結構客足が途絶えないのだとのこと。

お勧めの冷酒は、冷やおろしから新酒にラインアップ変更。相撲由来の名前のような栃木の純米吟醸を頼んでつまみを。

まずヒラメ。ブリは脂の乗った腹の身。大きな個体で何日か熟成していると。旨味あり。サヨリは爽やかな香り。平貝は塩で軽く炙ってもらう。ミル貝は置かないのか聞くと、平日は接待でおまかせのお客さんが多く、はけないので置いてないが、土日はお好みで頼む鮨を知っているお客さんも多い故、土日に置くようにしているとのこと。まあ小体な店で、おまかせもそんなに高くないし、お好みにも対応しているから、ロスが出るのは大変だろう。車海老も活けのものを常備しているが、こちらは宣伝もかねておまかせにも出している由。

シャコと漬け込みのハマグリもつまみで。新富寿司時代の年末営業の話など三橋親方からあれこれ聞いてなかなか面白い。新富のほうは、いよいよ再興を諦めて店を貸すような話を聞いたとのこと。しかし、あそこを居抜きで借りる寿司屋はいるかなあ。若手が独立するにはちょっと手に余る広さ。古いつけ台なんて風格あったけどねえ。

なんでもまた雑誌の取材があったとかで見せてもらう。宣伝してもらって結構な話。伝統の江戸前仕事を継いだ店の商売が軌道に乗るというのは誠に喜ばしい話。フラっと入れなくなると困るけれども。

年末は魚もそろわないので27日を最終仕入れにして28日まで営業。29日は電話にて応談だが、基本的には店を大掃除して終わりたいとのこと。

新年の年明けは市場の初セリは5日なのだが6日がまた休市。おそらくハマグリが揃わないし、光り物も揃わない可能性あり。ハマグリと光り物が無くてはどうしようもないので、新年は6日まで休み、7日から営業とのこと。まあ7月末の新規開店からずっと走り続けて来たのだし、年末年始はゆっくり骨休めできてよいのでは。

握りはヒラメ昆布〆、中トロ、コハダ、アジ、イワシ、アナゴ、カンピョウ巻。新富寿し伝来の古式江戸前仕事を残した種と硬めの酢飯が良く合う。小ぶりな握りも飲みつつ食すると結構。今年の訪問はこれが最後なので「よい年を」とご挨拶。来年も更に店が充実するとよいですな。

勘定を済ませてホロ酔い気分でタクシー帰宅。もう年末もいよいよ押し迫ってきた。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する