FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 笹田」訪問。
先週の水曜日は、「新ばし 笹田」。同行者が若干遅くなるのだが、会社は定時退社の日。オフィスを出て時間調整で「P.M.9」に寄り、ジンフィズなど。「「P.M.9」は新年2日から営業だそうである。あれこれ雑談していると、バーテンダーM氏が、「鮨竹さんが今日は笹田に行ってますよ」と教えてくれる。さっき店に顔だして、二番手連れて忘年会なのだとか。そうか水曜が定休日だったっけ。店も繁盛で結構でござるな。

時間になったので、「新ばし 笹田」まで移動。入店するとカウンタに「鮨竹」御一行様発見。最初に開運の燗酒。身体が温まるなあ(笑) その後で麒麟山、純米吟醸の冷酒に切り替え。

白子茶碗蒸しは上品な出汁に白子の濃厚な旨味が溶ける。香箱蟹は綺麗に身が外してあり、味噌と内子、外子が美しい。

自家製あん肝はくどさや雑味が一切無く、旨さだけが濃厚に。自然薯のむかごを添えて。

ナガスクジラ尾の身はアイスランドから来たものだとか。牛肉よりも旨味が濃く、しかし脂のくどさは無い。小さなポーションだが天下の美味。ベーコンや赤身肉などは特段無くともよいけれども、尾の身だけはたまに食せると良いな。定番の壬生菜と油揚げ煮物はホッとする安心の味。

込み入った話でもしていると失礼なので鮨竹御一行には声を掛けていなかったのだが、しばし料理の間が空いた時に史恵親方が手を振って「お元気ですか~」と挨拶してくれてしばし雑談。 連日の満席で、予約取れないでしょうと聞くと、「いえいえ、大丈夫ですよ」と言うのだが、本当かな(笑)今度久々に訪問してみるか。いやしかし奇遇であった。

鮨竹のお弟子さんは、「笹田の海老蔵」の実の兄貴。昔は随分と色黒だった記憶があるが、最近は色白になって、結構、兄弟似た雰囲気に。「笹田の海老蔵」によると、「最近、むこうがこっちに寄せて来たんですよ」と不満顔であった(笑)

お造りはヒラメ、カツオ、イカ。どれも上質な旨味あり。白甘鯛のお椀。最初の一口は、香り良い軽い出汁に思えるが、脂と旨味が凝結した白川の身が溶けて解れてゆくうちにお椀の旨味が次第に複雑に深くなってゆく。

強火の遠火でじっくりと火を通したブリ幽庵焼き。煮物は、名物の自家製おでん。出汁が染みわたった大根、ネットリした海老芋、鶏皮、自家製さつま揚げ、半熟のうずら卵。一緒に鍋でグツグツ炊いたのではなく、きちんと一品一品味を煮含ませた京料理の技。

食事は何時も通り炊きたてツヤツヤのご飯。お新香、わさび漬け、ちりめん山椒、赤だしに、この日は牛肉のしぐれ煮も添えて。おかわりにはお焦げも。日本人ならやはり炊きたてのご飯だなあ。丼一杯でも食せる気がするけれども、健康を考えるとやはり腹八分目にしておかなければ。

お茶が煎茶に変えられて、これまたいつもの甘味。冷製の白玉ぜんざい。何時も甘い物は食さないのだが、これだけは甘味というよりも豆の旨味があって大変に結構。

笹田ご夫妻の見送りを受けて。何時もながら何一つ手を抜かない真面目な仕事。文句挟む所はひとつも無い。笹田の味を堪能した素晴らしい夜。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する