FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」本年最後の訪問。
昨日、土曜日は朝から年末の準備であれこれドタバタ忙しかったが、ずいぶんと用事が片付いて満足である(笑) そして夜は前に予約してあった西大島「與兵衛」を訪問。今年最後になるので、「本年もお世話になりました」と持参した手土産など。

私が最初の客。親方としばし雑談。

明日は相撲取りが来るとの事。誰だろうな(笑) ちょっと前には宮城野部屋、炎鵬が後援者に連れられて来たという。たくさん食べたか聞くと、「いやあ普通でしたね」と。関取最軽量で、体重を増やすのが最大課題なのに、與兵衛では2人分食べるくらいじゃないと駄目じゃないか(笑) まてよ、しかしコメのご飯が嫌いだとか何かで読んだ記憶があるけれども、寿司は大丈夫だったのかな。

程なく予約の客全員が揃う。最初に供されるのは牡蠣のスープ。様々な滋味が溶け込んだ深い旨みに身体が温まる。

本日の大吟醸を一杯貰う。漢字二文字の難しい名前だったが失念。軽い飲み口の良い酒。お通しの一皿は、海老頭ヅケ、白子、中トロ漬け、ホタテ煮浸し、イカのゲソ、ヒラメ縁側のヅケなどが盛られる。カウンタはほぼ同時刻にお客さんが揃い、親方が振る話題にあれこれと掛け合いの如く賑やかに盛り上がる。面白かったな。

お酒は、十四代本丸、醸し人九平次と切り替え。九平次がパリのクリヨンで採用された時のレセプションに同行した時の定番エピソードも親方から機嫌よく紹介があって、これまた面白かった。

ここから握りに。マグロ赤身ヅケ。金に糸目をつけずに買ったバカ高い本マグロをこれでもかとつけた寿司ではない。昔の江戸前のマグロ寿司は、きっとこんな風だったのだろうなといつも思う1貫。

ヒラメ甘酢と胡麻醤油づけもこの店独特。イカも軽いヅケで。炙った3枚薄切りのヅケをつけるシマアジは相変わらず素晴らしい。この店独特の仕事。エビはおぼろをかませる。甘酢づけの北寄貝も他では食した事のない仕事。

お客全員であれやこれやの話が盛り上がったので、寿司の印象が薄れるほどだったが、光り物は、サヨリ、コハダ、サバだったか。しかし仕事に手抜かりは無い。古式を残す風味あるツメで、ハマグリ、アナゴ。最後に卵焼き一切れ。與兵衛にしかない独特の仕事を堪能した。よいお年をと親方と同席のお客さんたちにもご挨拶して一足先に勘定を。海苔を貰い、女将さんに見送られてホロ酔いで家路へと。楽しい夜だった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する