FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」、本年最後の訪問
「新ばし しみづ」訪問。本年最後の訪問をしようと電話したら、木曜日の夜は空いているとの事で早めの時間を予約。

開店の時間通りに入店すると、カウンタには既に数名のお客。この夜は珍しくワインを飲んでいる客はいなかった。

まずは常温のお酒を。お通しはなめこおろし。何時も通り、何も注文せずともおまかせのつまみから始まる。

この日が仕事納めで10連休だと親方に言うと、そんなに休んで調子悪くなりませんかと問われる。営業したら稼ぎがある自営業と違って月給取りだから、お休みは幾らあっても大歓迎だなあ(笑) 給料出ない欠勤では困るけれども。

店は30日まで。しかし以前のように昼から通しで頑張ることはしないとの事。新年は例年通り2日から。もう正月営業には空きが無いかと思ったが、1席空いていたので新年初寿司の予約を入れる。

つまみはまず白身から。ヒラメは旨味が濃い。スミイカは細切り。ネットリした甘味。タコは歯応え良し。サヨリは細造りで。しっかり〆たサバも旨味が濃い。蒸し牡蠣も冬の美味。春子は柔らかい身肉に酢〆になった白身の凝縮した旨味。赤貝は肉厚で香り高い。青柳、漬け込みハマグリ。ウニも貰ってつまみ終了。

お茶に切り替えて握りはいつも通り。中トロは身肉はシットリ柔らかく濃い旨味。硬めに炊かれ赤酢と塩の立ったここの酢飯に溶け崩れる。コハダは大きさを変えて2枚づけと片身づけ。しっかりした酢〆の奥に光り物の旨味だけが凝縮している。鶴八伝来ではなくこの店独特の踏み込んだ仕事。トロトロのアナゴは安定した旨さ。最後はカンピョウ巻半分貰って〆。しみづの寿司を堪能した。

寿司学校出身「しみづの錦木」は、最近電話の受け答えもしっかりして、店内でも先を読んで動く気働きに進歩がある印象。重役出勤の女将さんに見送られて帰宅。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック