FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「壽初春大歌舞伎」昼の部。
2日夜に帰京。翌3日は今年最初の歌舞伎観劇。歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」昼の部。

20190104124445443.jpeg 20190104124505914.jpeg
2019010412453325d.jpeg

最初は舞踊。「舌出三番叟(しただしさんばそう)」。芝翫の三番叟、魁春の千歳。

三番叟は能楽由来、天下泰平五穀豊穣を寿ぐ定番の祝祭舞踊。庶民に好まれて様々なバリエーションあり。しかしイヤホンガイドによると、今回は演出上、舌を出さないらしい。舌を出さないのなら「舌出」とは言わないのでは。不可思議なり。しかし芝翫は顔が大きい。歌舞伎役者としては大きなアドバンテージだろうか。5頭身くらいなんじゃないかな(笑)

次の演目は、「吉例寿曽我(きちれいことぶきそが)」鴫立澤対面の場。

江戸の昔から正月には曽我物を上演するのが定番だったらしいが、これまた人気のある演目だけに設定を様々に変えたバリエーションが存在。今回は、実に珍しい「女工藤」バージョン。曽我兄弟の敵、工藤祐経の代りに奥方が登場するというもの。筋書の記録では歌舞伎座では初演。

病から昨年復帰した福助が、かなりの台詞ある扇の要役をこなし、弟の芝翫、息子の児太郎、甥の七之助と、成駒屋中村屋一族共演する祝祭。福助はまだ右手が不自由なように見えるが、左手は上がるし台詞はしっかりしている。最後は歌舞伎の様式美に満ちた目出度い絵面で賑やかに決まって拍手のうちに幕。

この幕間で花篭で芝居御膳。 正月3日では食材の手配は大変なものと推察するが、きちんと準備できている。

20190104124645203.jpeg 20190104124702e31.jpeg

次の演目は、「廓文章(くるわぶんしょう)」 吉田屋

幸四郎が伊左衛門、七之助が夕霧。イジイジ、ウジウジしたところは意外に幸四郎のニンにあるので、つっころばしを演じての和事は違和感無し。しかし鴈治郎の胸焼けするようなネチネチの上方コッテリ感は無い。筋書によると、元々清元による江戸式でやろうと澤村藤十郎に教わった由。上方式の本来では竹本・常磐津の演奏。全体として、上方風味の薄い、粋を感じる江戸風の和事として成立している。他の演目の都合か、上演時間を切り詰めたのも上方式のネチネチが短くなって良かった。七之助も美しく、くどきも印象的。最後は千両箱が運び込まれ、あれよあれよという間にお目出度いハッピーエンド。秀太郎が音頭を取る上方式の手締めも目出度い。

最後は、「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」

白鸚が大蔵卿を演じるのは47年ぶりとか。筋書によると、これからは久しく勤めていない役を順に勉強したいとのこと。しかしさすがに久々、開幕二日目とあって、吉右衛門に比べると、阿呆感がちょっと薄いような。むしろ「仮名手本忠臣蔵」一力茶屋の、大星由良之助を思い出す。しかし、作り阿呆から素に戻った部分は迫力あり。魁春、高麗蔵、雀右衛門、梅玉と実に重厚な布陣が付き合い。作劇はしっかりと出来ている。

打ち出しの後、本屋などブラブラして、年末に予約した「新ばし しみづ」で本年の寿司始めとなった。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する