FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」にて本年の寿司始め。
3日の夜は、歌舞伎座昼の部がはねてから、しばし時間を潰して新橋に移動。「新ばし しみづ」にて本年の寿司始め。

5時から一斉にスタート。普段、夜の部スタートは5時半なので間違えかけたが、店で予約した際、その場でiPhoneに時刻を入力してあったので助かった。案の定、間違えて遅れたお客1名あり。

最初にお屠蘇代りに発泡した日本酒生酒新酒が小さなグラスで振る舞われる。その後はいつも通り常温のお酒に切り替え。

最初に供されたのは、明石焼き穴子の茶碗蒸し。穴子の出汁が美味い。ヒラメは脂が乗って旨味あり。タコは塩で。サヨリは細造りで。この季節には珍しい立派なアワビ塩蒸し。芳醇な旨味あり。肝も添えて。

あん肝の赤酒煮は奈良漬を添えて。出汁で煮た白子も。「尿酸値が上がるものばかりだなあ」と感想を述べると「次もそうですよ」と自家製のカラスミが出てきた(笑) ごく薄い餅でくるんで焼いてある。餅と良く合うものなんだなあ。

甘鯛の酒蒸しはホロホロ崩れる身肉に濃厚な旨味あり。甘鯛は寿司種にするよりも火を通したほうがずっと美味い。サバもしっかり〆て脂は甘く旨味が凝縮。赤貝ひももつまみで。スミイカ細切りにウニを添えて。この辺りでつまみ終了。お茶を貰って握りはいつも通り。

マグロは中トロというよりトロに近い部位2貫。しっかり酢と塩が聞いた硬めの酢飯に旨味と脂が溶け崩れる。コハダは肉厚な一匹丸づけ2貫。これまたしみづ独特の厳しい〆だがここの酢飯には実によく合う。アナゴは塩とツメで1貫ずつ。最後はカンピョウ巻半分。年末年始で大分肝臓を痛めつけたので日本酒が結構回った。例年通り手ぬぐいを頂いて女将さんの見送りを受けて家路に。さすがに「P.M.9」寄る元気はなかった。

2019010412472504b.jpeg
  
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する