FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「壽 初春大歌舞伎」夜の部
5日の午後は、歌舞伎座、「壽 初春大歌舞伎」夜の部。

20190106135010a8d.jpeg

最初の演目は、「絵本太功記(えほんたいこうき)」尼ヶ崎閑居の場。

何年か前の秀山祭でも同じ吉右衛門で見たが、他の配役も、幸四郎、米吉、歌六、又五郎と大半が同じ。光秀の母、皐月も東蔵で同じであったが、今回急病とかで代役に急遽秀太郎が立つ。逆賊である息子を諌めて死んでゆくというしどころもある役だが、秀太郎自身も演じた事が何度もあり違和感は無い。

主君を討った武智光秀の家族に襲いかかる悲劇。吉右衛門は大時代で重厚な雰囲気のある圧巻の出。怪異な表情が劇場の隅々まで見えるようにゆったりと演じて、たちまち観客をひきつける。

幸四郎の悲壮な若武者ぶりも良いが、米吉の「赤姫」も、おっとりしたお姫様が悲嘆にくれながら夫の初陣支度を手伝う所など、随所に可憐な部分あり、立派に成立している。

しかしイヤホンガイドの配役説明が、昨日発表された代役を反映して既に秀太郎に変わっていたのはびっくり。その部分だけ録音し直したのかな。まさか毎日落語家のように、同じ原稿を解説者が劇場に詰めてライブで喋っているとは思えないのだが。

ここで30分の幕間。花篭で「壽御膳」を。

次の演目は舞踊、「勢獅子(きおいじし)」

日枝神社山王祭を舞台に曽我物も反映した祝祭的舞踊。若い者や手古舞が大勢出る中、梅玉、芝翫が鳶の頭、雀右衛門、魁春が芸者で踊る。

六世歌右衛門は映像でしか見たことがないのだが、魁春は姿や所作がなんとなく似ている気がする。勿論、教えを受けた本人が寄せているものと思うけれども。鳶のぼうふら踊りだけは、何度見ても何がぼうふらなのか合点しかねるなあ(笑)福之助、鷹之資などの新鋭世代も元気の良い所を見せて目出度く終了。

最後は八百屋お七を題材にした、「松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)」 吉祥院お土砂の場、四ツ木戸火の見櫓の場。

前半部分は猿之助演じる紅屋長兵衛、通称「紅長(べんちょう)」がお七の恋を叶えようとあれこれ廻して行くドタバタの喜劇風味。

歌舞伎らしく、「U.S.A.ダンス」も登場。初日の様子は一部NHKの番組で生中継されていたのだが、「ハズキルーペ大好き」とか、「寿司なら近くのすしざんまい」など、一部ネタが違う(笑) すしざんまいは、5日に報道されたマグロ初競りで飛び出した3億円マグロのニュースをいち早く取り入れたものと推察。以前、弥次喜多でも「SMAPが解散しましたなあ」など、歌舞伎は速報ニュースを入れるのも得意だ(笑)

七之助は幸四郎を前にしてのクドキなど印象的に成立している。下女お杉の竹三郎は、なんだか随分と拙い感じだなあ、と思ったが、後でプロフィール見ると昭和7年生まれ。役が着いて演技できるだけでも偉いと考えないといけないのかもしれない。

後半はほとんど七之助の一人舞台になり、八百屋お七が恋人に逢う為に火の見櫓の太鼓を叩くエピソードが人形振りで演じられる。降りしきる雪が切ない。黒子2人と息の合った様々なポーズは、普通の演技とは思えないメカニカルな動き。これはこれで七之助の身体能力を活かしたアクロバティックな動きで凄いと思うけれども、これが人形浄瑠璃の人形の動きなのかなという点については、文楽は殆ど見ないので判断は出来かねるのであった。

今月は、歌舞伎座以外に、新橋演舞場、国立劇場、浅草公会堂、大阪松竹座と五座で歌舞伎が掛かっており、まさに新年歌舞伎三昧の月。しかし、私の歌舞伎見物は今回の歌舞伎座のみで終了。来週からは大相撲初場所観戦モードに切り替えとなるのだった(笑)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する