FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
神保町「鶴八」、今年最初の訪問
金曜日はまっすぐ帰るつもりだったのだが、ふと寿司屋で一杯やって帰るかという気になり、夕方に銀座「み富」に電話するも満席とのこと。神保町「鶴八」はそろそろお休みだったかなと思ったが、電話してみると「鶴八最後の弟子」君が出て、「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします」と礼儀正しい。しばし調べていたが席は大丈夫とのこと。

20190112154853f89.jpeg

さっそく仕事帰り、6時ちょっと前に入店。カウンタは一席残して既に満席。商売繁盛なり。

菊正の冷酒を貰って始める。ブリを軽くつけ焼きにしたものがお通し。しばし握りの注文で立て込んでいたが、合間をみつけてつまみを注文。まずヒラメ。大ぶりの身。旨味十分。縁側も添えて。

塩蒸しもつまみで。親方が「初場所は行くんですか?」と聞くので、しばし相撲談義。今場所は平成最後の天覧相撲あるかなあ(笑)今年のゴールデンウィークは10連休だがお店は魚河岸のカレンダー通りに営業するつもりとのこと。正月も5日は営業したが、来週月曜から何日か店はお休みにして旅行とのこと。結構ですなあ。

隣の老齢な常連が、注文したコハダ2貫食してしばらくしてから「私、コハダさっき頼んだよね」と言ったのが面白かった。お酒も入っていたようだが、食べたものを忘れるというのも珍しい。

サバもつまみで。脂の乗った甘味。ミル貝、漬け込みのハマグリとつまみで。握りはいつも通り。中トロ、コハダ、アナゴ。最後はカンピョウ巻。最近巻物は「鶴八最後の弟子」君が巻く。巻物の合わせ目が合ってなかったが「お前の海苔巻きは勘平さんだよ。腹ァ切ってる」と「神田鶴八鮨ばなし」ネタを披露しようと思っているのだが、いつもちゃんと巻けていて残念(笑)

小一時間の滞在。「今年もよろしくお願いします」とご挨拶して勘定。通い慣れた店で、どれもが何時も通りに美味い以上の幸せがあろうか。そんな事をつくづく感じるお店。鶴八伝来の真っ当な仕事を堪能して神保町から地下鉄に。さて、今度の日曜からは大相撲初場所だ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する