FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
平成最後の大相撲東京場所、初日
昨日は、大相撲、平成最後の東京場所、初場所初日を観戦に両国まで。

タクシーに行き先を告げると「初日ですか?」と。この運転手は江東区界隈を流しているらしく、早朝には下っ端の力士などもよく乗せるらしい。若手でも100キロ以上はあるので3人乗ると車が傾いて大変だと(笑)

IMG_9732.jpg IMG_9733.jpg

IMG_9734.jpg IMG_9735.jpg

平成最後でもあるし、初日は天覧相撲かと思ったが、天皇陛下のご来賓は無いのであった。

IMG_9737.jpg

稀勢の里がねえ。

IMG_9738.jpg

優勝杯は誰に。

IMG_9739.jpg

初場所はしかし、十両以上の休場者なし。目出度い始まりである。

IMG_9745.jpg

満員御礼も出た。

baIMG_6872.jpg baIMG_6873.jpg

協会ご挨拶も役力士が勢揃いして壮観。果たして全員千秋楽まで無事に出場できるだろうか。理事長挨拶に西方二階椅子席のおっさんは「北勝海~!」と声をかけたが、すぐに正面から「保志~!」と声があって、「四股名遡り競争」に破れたのであった(笑)

baIMG_6879.jpg baIMG_6885.jpg

baIMG_6886.jpg

栃煌山の肩をゆすったオラオラ歩きは良いよねえ(笑) この化粧廻しは実に美しい。

baIMG_6894.jpg baIMG_6901.jpg

稀勢の里の土俵入りは、果たして何時まで見ることができるだろうか。

baIMG_6902.jpg baIMG_6910.jpg

貴景勝の優勝杯、優勝旗返還と優勝額除幕。ちょっと照明が邪魔になった。

baIMG_6911.jpg baIMG_6912.jpg

幕内最多勝と新人賞の授与。

baIMG_6917.jpg baIMG_6919.jpg
baIMG_6921.jpg

幕内最初の一番は、十両筆頭の照強が大翔丸と。大翔丸は下に2枚しか無いところ6-9で幕尻に残るという幸運。しかし照強は十両5枚目で10-5であったから、本来は入れ替えてしかるべき。人気者を幕に残すのなら興行的に分かるけれども、大翔丸は別に人気ある訳じゃないからなあ(笑) 一場所遅れた入れ替え戦は照強が勝利。この塩撒きも人気になってきた。

baIMG_6927.jpg

この日は栃煌山の大応援団が二階椅子席に陣取って大声援。鶴竜戦であったが、栃煌山はまさかの左への変化。しかし鶴竜は落ち着いて突き出し。栃煌山が立合いで変化するなんてあまり記憶に無いが、なにも大応援団が来ている時に変化しなくても(笑)大反省すべし。

baIMG_6933.jpg baIMG_6940.jpg
baIMG_6945.jpg

稀勢の里は、花道を入場して来る時から、なんだかしょぼくれた様子で、どうも勝てないのではと嫌な予感がしたが、結果はやはり。御嶽海に無理やり左をこじ入れようとしたが、逆に強烈なおっつけにあい、腰が浮き半身になった所を押される。先場所の負けとまったく同じ。言葉も無い。

IMG_9746.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する