FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」、今年初訪問。
先週の日曜は、歌舞伎座「昼の部」を見物した後、一旦帰宅して夜は西大島「與兵衛」に。一月は大相撲見物などバタバタしたので今年初めての訪問。

一月は大相撲観戦に明け暮れていたと話をすると、親方が、ちょっと前に炎鵬が支援者に連れられて来た話を。身体も小さいし、一通りは食べたが、そんなに大食ではなかったと。前にどこかで、炎鵬は米のご飯が嫌いだと読んだ事があるが、寿司だと大丈夫なのかな。アメリカ人でも白ご飯は味が無いといって、醤油掛けたりする人いるものなあ。

場所後にも伊勢ヶ浜部屋の幕下が後援者に連れて来られたそうだが、初場所は負け越しで来場所の巻き返しを誓っていたとか。寿司屋には意外に相撲取りが来ており、聞くと面白い。

お酒はまず本日の大吟醸を。「澤屋まつもと」のUltra 純米大吟醸。澄んだ酸味とふっくらした甘味が心地よい。

まず牡蠣のスープが供される。実に滋味深い複雑で濃厚な旨味が溶けた出汁。大振りな牡蠣。

いつも通りまずお通しの一皿。マグロづけ、イカゲソ、海老頭づけ、ホタテ煮浸し、白子。お酒のお代わりは「十四代」。本丸は端境期で物が無く、荒ばしりだとのこと。普通よりちょっと甘味があるかな。その後で「醸し人九平次」。

ここから握りに。マグロ中トロづけ。硬めに炊かれた酢飯は他の店よりも若干低い温度に保たれているが、寿司種と口中で混然とほどけ崩れて與兵衛の寿司となる。

ヒラメは甘酢づけの後に胡麻醤油づけ。スミイカ。シマアジはづけにした後、皮目を香ばしく焼き霜にして、薄切りを重ねて握るこの店の名物。才巻海老は、軽く酢に潜らせ、おぼろを噛ませて握る。火を軽く通して甘酢に漬けた北寄貝も他店ではまったく出会った事のない仕事。

ここから光り物に。大振りなサヨリ。コハダは江戸前伝来の仕事。サバは脂の具合と酢〆の具合を変えて2種。甘い脂の旨味が充満。

煮物には古式を残すコクのあるツメをつけて。ハマグリ、白醤油で炊いたアナゴもこの店独特。最後は玉子を貰って〆。

なんだかんだと親方と雑談し、冗談にも付き合ってさんざん笑ったので何時も通りの楽しい夜になった。勘定を済ませて店を出ようとすると、「昨年までは手ぬぐいだったんですが、今年からはボールペンです」と親方から解説があり、年賀のボールペンを頂いた。

yoheipen.jpg

「與兵衛」の名前入り。寿司屋の名前入りボールペンというのはこれはこれで珍しい気が。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する