FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
先週の金曜日。週末で寿司屋一杯だろうし、夜はどうしたもんかなあと考えていたら、携帯のSMSに着信が。「新橋鶴八」からで「今日8時まで空いてます」ととのこと。ドタキャンが出たのかな(笑)

201902261328327a7.jpeg

実はこの日の昼は、別の寿司屋でちらし寿司を食していたのだが、最近、「新橋鶴八」もなかなか予約取れないし、空いている時に行くかと早速返事を。

入店してみると、大常連O氏が一番カウンタ一番奥で、いつものようにトグロを巻いている。神保町との歴史的和解の事など、とりとめのない雑談しつつ。

そういえば先日「鶴八」に行った時、ご友人らしい客が来てましたよ、と会話。「スケベそうな奴?」と聞くので「そうです。口八丁の遊び人風でしたね」と言うと、この人は医者なんだとか。 O氏の友達というのは、みんな金持っている遊び人風オヤジばかりだ(笑)

お酒はまず磯自慢純米吟醸。お通しは酒盗。

つまみはまずヒラメ。肉厚で旨味あり。当日〆たと思うが妙に熟成していないのが良い。サバはしっかり〆てあるが脂が甘く溶ける。

珍しくアワビの塩蒸しが。三陸と房総を食べ比べ。三陸の方が身に若干の磯臭さあり。房総の方がクリーミー。だがまだ旬では無い。風味が違うのは食べている餌が違うのか。

大常連O氏によると、O氏の息子の嫁さんから、「ネットに『新橋鶴八の大常連O氏』と書いてあったのはお義父さんの事ですよね?」と訊かれたとの事。本人は、違うよととぼけたらしいが、まさに正解である(笑) ネットで世間は実に狭くなった。そして面白い。O氏は「あんたが余計な事書くからだ」と言うのだが、「天網恢恢疎にして漏らさず」とか「悪事千里を走る」という諺を思い出すなあ(笑)

ミル貝もつまみで。紐は軽く炙って食する。ヤリイカ煮付けは、いつもより小さく「しみづ」でお目にかかるサイズ。こっちの方が好きだなあ。五十嵐親方は、いつも使っている白い大型のほうが旨いというのだが、あっちのほうが大味に感じる。それと、煮物なのでやはりツメで食したい。

磯自慢純米吟醸を2本飲んで芋の水割りに変更すると、手伝いの女性が「ちょっとお猪口貸してください」と裏に行き、使っていた猪口に一杯酒を注いできた。これで磯自慢の一升瓶を使い切りましたとのこと。瓶に残った最後の濃い所をサービスしてもらってありがとう(笑)

鶴八伝来、漬け込みのシャコを貰ってつまみ終了。この辺りで握りに。

握りはまずサヨリ。閂と呼べる大きなもの。爽やかな香りと身肉のすっきりした旨味。ふっくらと米の旨味を残した酢飯は相変わらず秀逸。今や神保町「鶴八」よりも良いかもしれない。ヒラメ昆布〆も昆布の旨味が酢飯によく合う。

マグロヅケもネットリした旨味あり。コハダは若干小型だが鶴八伝来の仕事。最後は珍しく穴子を塩とツメで2貫。アナゴはあまり良くない時期なので仕入れは結構大変だろう。さすがに若干脂が薄く、そんなにトロトロではなかったね。

金曜日で時間も区切られてなかったのでいささか飲み過ぎた。大常連O氏と同席して、とりとめない無駄話しながら飲むのは楽しいのだが、食べたものの食感や旨味などの記憶が飛ぶんだよなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する