FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
久々に「新ばし しみづ」訪問。
木曜の夜は「新ばし しみづ」。なんだかんだでちょっと間隔が空いてしまった。当日の朝に電話したら一席空いていた。

会社を出たが、入店時間にはまだ30分ある。

時間調整に「P.M.9」で、バーテンダーM氏と雑談しながら一杯。扉を出たら3歩で「しみづ」なので時間ギリギリまで粘っていたら、突然、「しみづの錦木」が「P.M.9」のドアを開けて顔を出し、「お席が準備できました」と言うのでビックリ。

ここで時間をつぶしているなんて伝えてないのに良く分かったなあ。開店直後が満席で、席が取れたのがいつも入店する時間よりも若干遅かったので、おそらく「P.M.9」で時間を潰しているだろうと、清水親方が読んだのだろうが、この気配りが素晴らしい(笑) 

入店するとつけ場には、随分と長く休んでいた弟子の摩宙君が復活している。バーテンダーのM氏から既に聞いてはいたが、元気そうで良かったね。

お酒は常温で。いつも通り、何も頼まずともつまみから。

ヒラメは、淡麗で上品な旨味あり。スミイカ、タコ。火を通した殻付きの牡蠣は実に立派な身。暖かいうちに供されて冬場には良い。

サヨリの細作りは香りが良い。サバはしっかり〆てあるが塩気は「新橋鶴八」よりもまろやか。脂の旨味あり。

小柱、青柳、ミル貝と貝が続くとそろそろ春の訪れを感じる。漬け込みのハマグリも。シラウオとホタルイカの温製オリーブ油和えも、この季節の定番。ウニも貰ってつまみ終了。

握りはいつも通り。中トロ、コハダ、アナゴ各2。最後はカンピョウ巻。硬めに炊かれて塩も酢も強い独特の赤酢の酢飯に負けない寿司種の力。久々に「しみづ」の寿司を堪能した。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する